Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 1 to 50 of 50)
(showing articles 1 to 50 of 50)

Channel Description:

アメーバニュースでは、政治、経済、社会、海外から芸能、エンタメの話題を無料で提供中。いまブログで話題になっているもの、スポーツ選手やグラビアアイドルのブログニュースもお届け。写真やイラスト、動画も。
    0 0

     巨匠チェン・カイコー監督、染谷将太主演の日中共同製作映画「空海 KU-KAI」の特報映像が、このほどお披露目された。約6年の歳月をかけて、東京ドーム約8個分(36万7000ヘクタール)の土地に再現された超巨大な長安の都が確認できる。

    【動画】「空海 KU-KAI」特報

     2016年7月31日~17年1月4日の約5カ月に及ぶオール中国ロケを敢行した本作は、ベストセラー作家・夢枕獏氏が執筆した「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(全4巻/角川文庫・徳間文庫)を原作にしたスペクタクル映画。遣唐使としてやってきた若き日の空海(染谷将太)が、詩人の白楽天(ホアン・シュアン)とともに、唐の首都・長安を揺るがす巨大な謎に挑むさまを描く。2人は謎の核心へ迫るなかで、遣唐使・安倍仲麻呂(阿部寛)の足跡をたどることになる。

     公開された特報は、総製作費150億円という巨費が投じられた本作の圧倒的スケールが感じられる仕上がりだ。空撮によってとらえられた荘厳な長安の都に加え、常時350人を超えるスタッフで行われたという撮影風景が垣間見える。また、染谷、ホアン・シュアン、阿部、本作の最重要人物である楊貴妃を演じたチャン・ロンロンが、豪華絢爛(けんらん)な衣装を着て、熱演を披露するさまを映し出している。

     「空海 KU-KAI」には、松坂慶子、火野正平も出演。18年2月に全国公開。

    【作品情報】
    空海 KU-KAI

    【関連記事】
    チェン・カイコー×染谷将太「空海」壮大な冒険を予感させるポスター初披露!
    阿部寛、チェン・カイコー監督「空海」に参戦!遣唐使・安倍仲麻呂に
    「空海」チェン・カイコー監督&染谷将太、撮影快調! 松坂慶子の出演も決定

    (C)2017 New Classic Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures, Shengkai Film

    0 0

    プロサッカー選手の内田篤人を起用したアクションサッカーゲーム「ストライカースピリッツ」のCMとWeb限定動画が8月26日(土)より公開される。



    このCMとWeb限定動画は、実際に内田選手が同ゲームをプレイする様子を収めたもの。

    プレイに集中しすぎるあまり、「視野広く」「いいよ、左サイド行こう!」「諦めるな!」など、まるで実際の試合さながらの発言を連発。

    サッカー界きってのイケメンとしても知られる内田選手が、時に爽やかに、時に悔しがり、時にはにかんだ表情を垣間見せるところも見どころ。



    さらに、「くぁ~~~~っ」「立ち上がれ内田ぁ~」と倒れこんでしまうも、見事ゴールを決め思わず「エクセレント!」と感情を爆発させる内田選手にも注目。



    CMでは、「いいよ、悪くないよ」「イージーです、イージー」「くぁ~~~!おそっ」「内田からの…オーバーヘッドでしょ!」「そう!ジャストです!」「もう1点行きたい、内田は」といった言葉や、Web限定動画では、「キックオフ!」「内田コンディション万全です」「悪くないよ」「内田にとっては簡単ですね」「強い相手とやりたいですね」「集中させてもらって…」「視野広く」「いいよ、左サイド行こう!」「諦めるな!」「立ち上がれ内田ぁ~」「自分を信じろ内田」「タイミングは掴んでおります、掴んで…おります!」「はい、内田からの」「オーバーヘッドでしょ!」「エクセレント!」など、サッカーファンにとってはたまらない内田選手の名言の数々は、まさに必見!

    【関連リンク】
    「ストライカースピリッツ」App Store 「ストライカースピリッツ」Google Play

    0 0

    【須藤凜々花/モデルプレス=8月24日】6月に行われたAKB48の「第9回49thシングル選抜総選挙」の開票イベントにて結婚を電撃発表し、8月30日でグループを卒業する須藤凜々花が24日、ニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」に登場。結婚発表を事前にキャプテンである山本彩に話さなかった理由について語った。

    結婚宣言のNMB48須藤凜々花、卒業後の進路を明言

    山本は須藤の結婚発表を発表時に知り、驚きを隠せない様子がライブ配信で放送されていた。

    ◆山本彩に結婚発表を言わなかった理由が深い

    番組に出演していた指原莉乃から、山本とは結婚発表後にどんな話をしたのか尋ねられると「時間を設けて沢山話した」とし、結婚発表したことでの山本のリアクションについて「怒ってたというより、(山本が)怒っていたという動画があがっていたことに怒っていた」と話した。

    須藤が山本に結婚発表することについて事前に言わなかった理由は「キャプテン(山本)には言いたかったけど、そこに(山本の)責任が生じちゃうかなと思って…」と話すと、指原は「私はそこまで考えられない…言っちゃう」と驚きつつ「確かにさや姉は(事前に)“知ってる”ということでなぜ止めなかったのか?とかそういうことになっちゃう。優しい…」と須藤の話に補足した。

    峯岸みなみも「めちゃくちゃ支え合ってるじゃん。凄い!罪深いね。(須藤を)嫌いになれないよ」と感心されると、須藤は「支えられっぱなしです。本当に悪の権化ですよ、私は」と謙遜していた。

    ◆木下百花についてのエピソードも

    また、6日に行なわれたNMB48のイベント「NMB48 LIVE 2017 in Summer~サササ サイコ―~」にて、メンバーの木下百花が「君(須藤)の謝罪は聞き飽きた」と発言していた件について「一生感謝」とし、結婚発表後も「周りの大人に気をつけて自分自身を信じた道を歩くんだよ」とアドバイスされたことを打ち明け、「本当にこの人(木下)にめぐりあえてよかった」と話していた。(modelpress編集部)

    情報:ニッポン放送

    【Not Sponsored 記事】

    【関連リンク】
    他の写真・記事詳細をもっと見る
    “女子力おばけ”NMB48吉田朱里の躍進に見るアイドルが集団から“突出する術”
    NMB48、初のアジアツアー開幕 アクシデントも乗り越える
    NMB48山本彩、激写されて拝まれる「あとで怒られるやつ」とファン心配

    0 0

    8月24日放送の『空から日本を見てみよう+』(BSジャパン、毎週木曜21:00~)は、山形県酒田から鶴岡を通り、月山までを空から眺めていく。

    山形県唯一の有人離島・飛島からスタートし、温暖な気候によって出来たサンゴや独特の植物を見ながら進んでいくと、たった一人が通う島の中学校に到着。その後、江戸時代に大坂や江戸との交易で活況を呈した北前船の廻船問屋が建ち並び、西の堺、東の酒田と言われるほど栄えた町・酒田へ移動する。そこには、廻船問屋の隆盛を今に伝える旧鐙屋(あぶみや)、大地主として知られた本間家の旧邸宅や庭園などが残っている。また、米相場の安定のために造られ、現在も使われている山居倉庫を越えて最上川に入ると、異常に細長い建物の工場を発見。さらに庄内砂丘では、目立つ縞模様の畑の謎を解明する。

    砂防林の植林の歴史や湯野浜温泉の海岸に伝わるサーフィン以前の波乗りの歴史を見て、鶴岡駅へ。庄内平野の豊富な在来野菜をいかした地産地消レストラン、アル・ケッチァーノ、明治維新後失業した武士たちが開いた養蚕場、山ぶどうのワイン蔵などを見て、春から夏にかけてスキーができることで知られる月山を目指す。

    関連リンク
    伝説の「アイドルのおっぱいを見せてもらおう」企画など『ゴッドタン』の過去回を配信

    『空から日本を見てみよう+』ほか人気番組を無料配信「TVer(ティーバー)」公式サイト

    『空から日本を見てみよう+』公式サイト

    0 0

    毎週金曜放送中のドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON」に出演中の小泉孝太郎が、8月26日(土)より全国でオンエアとなる数字選択式宝くじ「ロト7」の新CM「話は変わる篇」で妻夫木聡、新井浩文、本田博太郎と共演することが明らかとなった。小泉は本田演じる社長の息子“こうちゃん”を演じる。

    【写真を見る】ほくそ笑む妻夫木聡

    本田社長に呼ばれて料亭へとやって来た妻夫木副社長。“次期社長の件”と切り出され、思わずほくそ笑む妻夫木だったが、実は社長には息子の“こうちゃん”を指名すると聞き、がくぜんとするコミカルなストーリー。

    「テレビで見ていたあの世界観に参加できて、本当にうれしい」と語っていた小泉は、“御曹司”らしい大物感たっぷりのまなざしでふてぶてしい新社長を演じた。

    ほぼ同世代という小泉、妻夫木、新井の3人。ドラマで共演経験のある3人は休憩中、プライベートトークで盛り上がった。

    妻夫木は「2人とも来年40歳なんですか、びっくりですね(笑)。僕は結婚しましたから。お兄さんたち、大丈夫ですか?(笑)」と独身の小泉と新井をいじってみせた。

    また、「『ロト7』に当せんしたらかなえたい夢は?」の質問には、妻夫木は「何でも買えるんだろうけど、とりあえず東京に土地か家がほしいですね」と現実的な夢を挙げた。

    新井も「あ、うちも一緒。まずは、マンションを買いたいと思います」とこちらも住宅関連の憧れを口にした。

    一方小泉は「僕は何か形には残したいので、『クラブロト7』という完全会員制のバーを作りたいです。もちろん妻夫木くんと新井くんは、会員ナンバー1と2ですよ。『クラブロト7』っていう響きがいいですよね」と壮大な野望を明かした。

    そんな小泉に対し妻夫木は「当たった人が作るバーだから、運を分けてもらえそうです。ぜひ当たったら、僕たちをお店に呼んでください」とちゃっかりアピールした。


    【関連記事】
    小泉孝太郎「街でも子供のしぐさを注視して、役作りの参考に(笑)」
    「警視庁ゼロ係2」第3話ゲストにダンディ坂野、増田有華ら!TKOはコンビ共演
    「警視庁ゼロ係」に伊藤美誠選手が出演! 小泉孝太郎は『やっぱりトップの人だな』と感心
    瑛太、役者仲間の新井浩文に“タイ人”と思われていた

    0 0

    8月26日(土)、27(日)に放送する「24時間テレビ40―」(日本テレビ系)に、第1回放送のパーソナリティーを務めた萩本欽一が出演し、1日限りの特別企画として「仮装大賞」の“24時間テレビ特別版”が行われることが決定した。

    【写真を見る】「24時間テレビ」第1回放送のパーソナリティー・萩本欽一が登場!/(C)NTV

    ことしの「24時間テレビ」は記念すべき40回放送。メインパーソナリティーを、グループの枠を超えた櫻井翔、亀梨和也、小山慶一郎が務めるほか、チャリティーマラソンのランナーが放送当日に発表されるなど、さまざまな新しい試みが予定されている。

    この「仮装大賞」コーナーでは、知的障がいのある盛岡の5人の高校生が武道館での生パフォーマンスにチャレンジ。萩本が盛岡に応援に駆け付け5人を激励する他、仮装大賞で8回の優勝経験を持つ“仮装レジェンド”の指導、さらに挑戦者の女の子が大好きだという指原莉乃が“黒子”として5人を全力でサポートする。

    また、仮装大賞の話題作である、第91回作品「なんだこの顔」、第93回作品「えだまめ」の2作も武道館で生披露されることも決まった。

    日本テレビの人気番組「はじめてのおつかい」も、今回の「24時間テレビ」内で初めて放送されることも発表されている。数々の人気番組とのコラボにも期待したい。


    【関連記事】
    「24時間テレビ」でNEWSが応援歌を披露! & “ズームイン”も復活! 【視聴熱】8/13デイリーランキング
    「24時間テレビ40」に郷ひろみ38年ぶりの参加&イモトの登山企画も発表!
    「24時間テレビ」マラソンランナーの前代未聞の発表方法に話題騒然!【視聴熱】7/30デイリーランキング
    つんく♂、「24時間テレビ」で阿久悠の未発表詞に楽曲提供「重圧がすごい」

    0 0

    【桜井玲香/モデルプレス=8月24日】乃木坂46のキャプテン・桜井玲香(さくらいれいか/23)が女性ファッション誌『NYLON JAPAN』のレギュラーモデルになることがわかった。8月28日発売の『NYLON JAPAN 10月号』から登場する。ファンからは「キャプテン、おめでとう」「玲香もレギュラーモデルか…すごいな乃木坂」などの声が上っている。

    【さらに写真を見る】東京ガールズコレクションでのランウェイがカッコ良すぎた!

    桜井は今回の抜てきに「え、私?!とまだ実感が湧かなかったりしますが、『NYLON JAPAN』は学生の頃、一番好きな雑誌だったこともあり、何かの縁だなぁ、と思っています」と心境を明かし「これから乃木坂46×NYLON×アイドルがどんな変化をするのか楽しみですし、私自身も新しい自分を誕生させられるよう楽しんでいきたいと思います」と意気込みを語っている。

    ◆乃木坂46“11人目”のモデル

    乃木坂46では『Ray』『LARME』の白石麻衣、『non-no』の西野七瀬、『CanCam』の松村沙友理、『sweet』の齋藤飛鳥、『Zipper』の北野日奈子、『Popteen』の川後陽菜、『美人百花』の衛藤美彩、『ar』の堀未央奈、『Seventeen』の久保史緒里がそれぞれ各誌の専属モデルやレギュラーモデルとして活躍中(※今年2月にグループを卒業した橋本奈々未は卒業まで『CanCam』で活動)。なお『NYLON JAPAN 10月号』には伊藤万理華、相楽伊織も登場している。

    ◆ファンの反応は?

    桜井のレギュラーモデル加入が発表されると、ネット上では

    「NYLONでどんな感じになっていくか楽しみ」

    「最近、いろんなところで玲香ちゃんが見れて嬉しい」

    などの反響を呼んだ。(modelpress編集部)

    ■桜井玲香(さくらい・れいか)プロフィール

    1994年5月16日生まれ。神奈川県出身。血液型:A型。身長155cm。乃木坂46の第1期生でグループのキャプテン。Eテレ『テレビでハングル講座』(毎週水曜 後11:30~)にレギュラー出演中。

    <コメント>

    え、私?!とまだ実感が湧かなかったりしますが、『NYLON JAPAN』は学生の頃、一番好きな雑誌だったこともあり、何かの縁だなぁ、と思っています。これから乃木坂46×NYLON×アイドルがどんな変化をするのか、楽しみですし、私自身も新しい自分を誕生させられるよう楽しんでいきたいと思います!

    【Not Sponsored 記事】

    【関連リンク】
    他の写真・記事詳細をもっと見る
    乃木坂46“11人目”のファッション誌モデルが誕生!キャプテン桜井玲香「NYLON JAPAN」<コメント到着>
    乃木坂46桜井玲香、グループ&ソロ活動を語る 3期生の座談会も
    乃木坂46桜井玲香、欅坂46発煙筒事件にコメント 今後の握手会にも言及

    0 0

    9月2日(土)スタートのドラマ「植木等とのぼせもん」(毎週土曜夜8:15-8:45NHK総合)の試写会が8月23日に行われ、主演の山本耕史、志尊淳、山内圭哉、浜野謙太、武田玲奈、優香、伊東四朗、原案を書いた小松政夫が登場した。

    【写真を見る】隣にいる“ご本人様”小松政夫に恐縮しながら語る志尊淳

    本作は、「明るい昭和」を象徴するコメディアン・植木等と彼の付き人兼運転手として働き、後に芸能界で活躍する松崎雅臣(小松)の師弟関係を描いた笑いあり涙ありの物語をドラマ化したもの。

    植木を演じた山本は「(今回の役は)歴史上の人物とは違って、脳裏に鮮明に焼き付いている植木さんの姿があるので、どうやって演じようかなという気持ちでしたが、素直に楽しめました」と明かす。

    松崎(小松)役に挑んだ志尊は「小松さんが横にいるのに大変恐縮ですが…初めての大スター役で最初はすごく不安がありました」と本人を前に、緊張気味の様子。続けて「原案を読んで、今にない師弟関係の上で人間の情というか義理であったり、いろんなすてきな人間関係が描かれているこの役をやれて、本当に光栄です」と語った。

    当時のテレビ番組や映画撮影を再現したシーンも交える本作。ハナ肇とクレイジーキャッツとしてコントにも挑戦した山本、山内、浜野は「楽しかった」と口をそろえた。

    “オチ”についてはアレンジも加えていたようで、ハナ肇役の山内が「クレイジーさんもそういうふうに(アレンジしながら)やっていたのかな」と言うと、小松が「そういうこと聞かれると思ってずっと放っといていました(笑)」と撮影に立ち会わなかった理由を明かした。

    さらに、小松がドラマ内でも登場する谷啓のギャグ“ガチョーン”をレクチャーする一幕も。小松は「空中にある物をつかむように…」と力説し、浜野や志尊らは笑みをこぼした。

    役作りについて、山本は「『寄せられるだけ寄せてください』と言われたので、体も絞って、やり過ぎて物まねにならないようバランスをとった」と苦労を明かした。

    植木の妻・登美子を演じた優香は「初日、(山本が)一言発したとき“植木等さんだ!”って思いました。まねするわけでもなく、遠くなく、すごく絶妙で鳥肌が立った」と絶賛。それを受け、山本は「一番心配していましたが、優香さんや、伊東さんからも『似てたよ』と言われ、安心しました」と手応えを見せた。

    最後に、志尊は「人生3カ月でこんなに笑って泣いて怒ることってあるのかなというくらい貴重な体験をさせていただいた」と撮影を振り返り、「小松さんのエネルギーや熱量を自分が出せる限り出して、小松さんの思いをしっかり伝えなきゃなと気合を入れています」と作品への熱意を示した。


    【関連記事】
    NHKドラマに、山本彩&鈴木愛理“仲良しコンビ”が参戦!
    志尊淳「本当に恥ずかしい」“男子旅”で素の表情
    中条あやみ、志尊淳らが切なく見詰める“片思い”の相手とは?
    芳根京子と志尊淳の2ショットに「似てる」「兄弟みたい」の声多数

    0 0

     今年の日本テレビ系『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』でメインパーソナリティーを務める櫻井翔(嵐)、亀梨和也(KAT-TUN)、小山慶一郎(NEWS)。グループの垣根を超えて大役を任された3人だが「翔くんが軸としていてくださるんです」(亀梨)、「2人が頼りになるから、大船に乗ったつもりでいます(笑)」(櫻井)と早くもチームワークは出来上がりつつある様子。そんな彼らが放送を前にグループの時との心境の違いや、この機会に知った新たな一面などについて語った。

    【撮り下ろし写真】チャリTをキュートに着こなす石原さとみ

     過去には、嵐、NEWS、KAT-TUNとしてメインパーソナリティーを務めた経験もある3人だが、櫻井は「(写真撮影の際に)嵐のときは、特に何も考えずに普通に歩いていただけなんですけど、グループを離れたら、歩幅もスピードも視線の合わせ方もわからなくて。と同時に、新しく、この3人の関係性が積み上がっていくのも、すごく楽しいですね」と新鮮な気持ちで臨んでいるそう。小山は「僕らは常に4人全員で戦っていたんだとあらためて気づいた部分もあり、今回は自分の力量が試される場だと実感しています。グループのパワーになるよう、勉強していきたいです」と積極的な姿勢をみせる。

     現在、グループ活動が“充電期間中”である亀梨は「確かにグループ内でのバランスというのはありますね。ただ、そこまで大きな違いは感じていないです。今回、先輩と長く一緒に仕事をさせてもらう機会を得て、いい刺激をいただけるんだろうなと期待しています!」と前向きに語った。

     キャスター歴も長い先輩・櫻井は「3人で並んだときは、翔くんについて行けば!と思っています」(亀梨)、「放送は不安や緊張もあるけれど、翔くんがいてくれると、それがなくなるんです」(小山)と信頼を寄せられるが、しっかり者の後輩2人に囲まれて櫻井は「まぁ、僕は嵐のときよりもポンコツ度が高めになっていますね」と苦笑した。

     また打ち合わせや企画の準備などを通して、「僕は、翔くんが自分のコースターを持っていたのが新鮮でした。カフェオレでしたっけ?」と意外な発見を告白する小山。櫻井から「アイスカフェラテね!」と訂正されると「そう! それを飲むときにコースターを用意していて。現場でマイコースターを持っている人、はじめて見ました」と驚いたそうだ。

     これに対して櫻井が「え、みんな持ってるものじゃないの?」とキョトンとすると、亀梨が「コースターは持ち歩かないですね(笑)」としっかり指摘。「憧れの先輩であり、アイドル、ヒーロー的な存在である翔くんの庶民的な部分を目の当たりにして、安心したんですよ。『あ、翔くん、普通の人だ』って」と話す小山に、亀梨が「いや、コースターを持ち歩くのは普通じゃない(笑)」と再びイジって笑いを誘う。毎年、なにが起こるか予測不可能な本番当日。3人が起こす化学変化に期待が高まる。


    【関連記事】
    【インタビュー全文】3人が語る“伝える”ことへのこだわり
    『イッテQ!』女芸人&水卜アナ、『24時間テレビ』企画発表 (17年08月07日)
    NEWS加藤、亀梨和也と24時間TVドラマで“名コンビ”演じる 阿久悠さん盟友・都倉俊一役 (17年07月24日)
    NEWS、『24時間テレビ』出演決定 加藤&増田&手越が武道館に来場 (17年08月13日)
    今年の24時間テレビは「何かが起こる!?」総合司会・羽鳥&水卜アナも期待 (17年08月12日)

    0 0

     女優の井上真央が10月スタートの関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』(毎週火曜 後9:00)に主演することがわかった。2015年10月にクランクアップしたNHK大河ドラマ『花燃ゆ』以来約2年ぶり、昨年末に所属事務所を移籍してから初となる連ドラに挑戦する。誰よりも人の心に寄り添うスクールカウンセラーとして校内で発生したある事件と向き合っていく。井上は「時代を象徴するような学校の問題と、親子関係という普遍的なテーマを元に、同じような悩みを抱える方たちにそっと寄り添えるような作品にしていきたいです」と想い入れを語った。

    【写真】民放連ドラは『トッカン 特別国税徴収官』以来5年ぶり

     椿が丘高校のスクールカウンセラーの主人公・藍沢日向(井上)は「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活を捧げる一方で、自身は過干渉な、いわゆる“毒親”である母親との関係に頭を悩ませていた。そんななか、気にかけていた不登校の男子生徒から告白された翌日、その生徒が不可解な死を遂げてしまったことをきっかけに人の心の闇と対峙することとなるヒューマンミステリー。

     オリジナル作品となる同ドラマを手がけるのは同局『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』『幽かな彼女』『任侠ヘルパー』などを手掛けた脚本家・古家和尚氏。生徒の死の原因を究明したい一心で、持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合っていく日向の姿と、その先に日向が見つけた「生きる上で大切なこと」、「親子のカタチ」を丁寧に紡ぎ出していく。

     井上は「親子の関係をじっくりと描けるような作品をやってみたいと思っていたので、お話を聞いた時はうれしい気持ちと同時に、繊細で難しいテーマを扱うことへの責任を感じました」とコメント。河西プロデューサーはスクールカウンセラーとして生徒にアドバイスしながらも自分の“毒親”には毅然(きぜん)とした態度をとれないという日向を演じる井上に「難しい役ですが、数々の作品で人の繊細な心情を巧みに演じてこられた井上さんならば、たくさんの視聴者に共感して頂けると思い、お願い致しました」と期待を寄せている。


    【関連記事】
    【写真】民放連ドラは『トッカン 特別国税徴収官』以来5年ぶり
    井上真央、舞台あいさつで「こんばんにゃ!」 ダジャレも披露で和気あいあい (16年08月16日)
    転機を迎えた井上真央の挑戦「新しい世界が見えるかもしれない」 (16年07月31日)
    鈴木亮平、強烈ツッコミの井上真央は「Sっ気がある」 舞台あいさつでもイジられる (16年07月24日)
    朝比奈彩、地上波ドラマ初出演 「地元・関西でドラマに出演できてうれしい」 (17年08月22日)

    0 0

     俳優の福山雅治がこのほど、テレビ朝日系で放送中のドラマ『黒革の手帖』(毎週木曜 後9:00)の撮影現場を訪問。同ドラマに主演する女優・武井咲と、ドラマ主題歌を書き下ろし、歌う福山が初対面した。

    【画像】第1子男児が誕生した高嶋政伸

     大きなヒマワリの花束を抱え、クラブ『カルネ』のセットに登場した福山。盛大な拍手に迎えられると、「差し入れでございます」と微笑みながら武井に優しく花束を差し出した。この日が福山と待望の初対面となった武井は「うれしいです。やっとお会いできました」と感激の様子。対する福山も、着物姿の武井を見て「本物の元子だー、って感じ。ドラマの中では“夜の銀座のスーパースター”なので、現実の人でありながらも、そうでないような…」と、まさに“原口元子そのもの”な武井の佇まいに感動していた。

     福山は、ドラマ主題歌「聖域」のCDも進呈。楽曲制作の際、『黒革の手帖』のヒロイン“原口元子”という女性をイメージして作ったと話す福山は「美しく、したたかで強い女性なのだけれど、どこか弱いところもある。武井さんが実はこんな女性だったら素敵だな、と妄想しながら(笑)書いたんです」と話した。「回を追うごとに元子とシンクロしていく武井さんの姿もこのドラマの魅力のひとつ」と、役と真摯(しんし)に向き合う武井をねぎらった。

     一方、初めて「聖域」を聴いた時、「福山さんの色っぽさに撃たれた」という武井。「今回、役に入る前にすごくプレッシャーがあったのですが、福山さんの曲はそんなわたしをバックアップしてくれるかのように、元子の“輪郭”を見せてくれました」と感謝している。

     ドラマも毎回楽しみに見ているという福山は、数いるアクの強い登場人物たちの中でも特に高嶋政伸演じる大手予備校の理事長・橋田常雄の動向が気になるそう。「あれだけ押されると、もう(付き合っても)いいかなって思ったりしないの?」と武井に尋ねると、「最終回まで本当にしつこいんですよ(笑)」と、巷でも話題沸騰の“執念の男・橋田”との今後に言及。

     視聴者としてドラマの展開も気になっていという福山は「橋田のことをだんだん応援したくなる」と話しつつ、「周りにいる真矢ミキさん、仲里依紗さんといった女性陣もどこで牙を剥いてくるかわからないので、それも楽しみです」と、武井。「これまで元子が倒してきた人物たちが復讐にやってきます。みなさんの予想も大きく裏切る展開が待っていますので、ご期待下さい」と、PRしていた。


    【関連記事】
    福山雅治、インスタ始める 全身パーツや愛用品公開も (17年08月19日)
    福山雅治主演『三度目の殺人』ベネチア国際映画祭に正式出品「期待と緊張が高まります」 (17年07月27日)
    福山雅治、新曲は武井咲への「妄想も含めて」 『黒革の手帖』で2年ぶり連ドラ主題歌 (17年07月04日)
    『黒革の手帖』羽原大介氏「悪人たちにも“五分の魂”」 (17年08月15日)
    今回も見逃せない高嶋政伸の怪演 『黒革の手帖』で「完全に雄になった」 (17年08月10日)

    0 0

    9月3日(日)16時より放送される『なるほど!今うなぎが食べたくなるテレビ』(SBS・TBS系列)の収録が、先日都内スタジオで行われ、出演者の梅沢富美男が見どころを語った。

    同番組では、梅沢が家庭で手軽にチャレンジできる鰻料理に挑戦。「高くてなかなか食べられない」イメージがある鰻を、誰でも食べられるようにとっておきの技を披露する。梅沢のほか、内山絵里加SBSアナウンサー、料理研究家の柴田真希も出演する。

    収録を終えたばかりの梅沢は、鰻について「ひつまぶし、鰻重、白焼きにするくらいしか知識がなかったけど、いろいろな料理に使われているんだね。それに、いろいろな食べ方があることに驚いた」と舌を巻く。番組で出てきた鰻の刺身も印象的だったようで、「66年間生きていて初めてだったから、衝撃を受けたね。長生きはするもんだ!」と満足そうに語った。また、ちくわで作られた“鰻もどき”については「目をつぶって食べたらわからない。山椒をかけたのがミソだね。口に放り込んだ瞬間、脳がうなぎだと教えてくれる。まさにアイデアだよね~」と大きく感心。スーパーの鰻を高級な風味にするテクニックについても「生臭いうなぎが一手間も二手間もかけたら、高級鰻に変身するというのもいいね。一度うちの娘たちに食わせてやりたい」と優しい表情で語った。

    数々の鰻料理を堪能した梅沢は、放送日前後が旬となる鰻について「こういう時期になったら鰻を食べたいって思いますよね。日本人のDNAには刻み込まれているんだと思う。時期的なものを食べたり、しきたりや風物詩を大事にすると、おいしいものがよりおいしく食べられるね」とメッセージを寄せていた。

    関連リンク
    KAT-TUN上田、ウエンツ、富美男ら火花散らす『プレバト!!』初の人気番組対抗戦

    渡辺直美『カンナさーん』イケメン紳士と新たな恋満喫も、元夫が起死回生の反撃

    泉里香、渡辺直美とイケメン夫を巡る“美女刺客”に『カンナさーん』ゲスト出演

    内村光良、小2の娘を天才小学生に!?「覆面算でもやらせようかなあ」

    0 0

    桑田佳祐が、8月24日の22時から放送の『SONGSスペシャル』(NHK総合、毎週木曜※通常は22:50~)に出演。ニューアルバム「がらくた」よりテレビ初披露曲のほか、朝ドラ『ひよっこ』のヒロイン有村架純ら出演者と主題歌の「若い広場」を歌う。ほかにも、ソロ活動30周年記念して特別に「波乗りジョニー」や「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」などを披露する。

    今回、有村のほかライブに参加したのは佐久間由衣、小島藤子、藤野涼子、松本穂香、八木優希といった元向島電機乙女寮の面々。ドラマの出演者と桑田が肩を組んで歌うという奇跡のシーンに会場は大興奮、文字通りスペシャルな内容となった。さらに、彼女たちが桑田の楽屋を訪問し、それぞれの方言や訛りでトークを展開し大盛り上がりする。番組のナレーションは、ドラマでもおなじみの増田明美が担当、まさに桑田佳祐と朝ドラ『ひよっこ』の世界観が融合した特集番組となる。

    関連リンク
    『SONGS』公式サイト

    0 0

    高畑充希が主演を務める連続ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第7話が8月23日に放送。根本加穂子(高畑)と、その恋人・麦野初(竹内涼真)が別れを迎えてしまい、「これは泣ける」「この展開は辛い……」と話題を集めた。

    遊川和彦が脚本を務める本作は、21歳にして生活のすべてにおいて親任せで、超過保護に守られて生きてきた“純粋培養”の女子大生・根本加穂子=カホコが、自分とは正反対の環境で育った1人の青年・初と出会って成長していくホームドラマ。これまで、親の徹底した庇護のもと、愛情だけを一心に注がれてきたおかげでその屈託のない笑顔だけは天使のように可愛らしい超天然人間のカホコと、画家を目指す青年・初との出会いや、初めてのアルバイト、初恋の末に母・泉(黒木瞳)と対立する様子、父・正高(時任三郎)と泉の家出。そこから仲直りする様子などが描かれた。

    第6話で、初と付き合うことになり、名前を呼んで欲しいとお願いしたカホコ。第7話で初は、話をしている最中に照れながらも言葉の最後に「カホコ」と毎回のように呼び、「照れ屋さんだからさ、俺。カホコにまた急に名前を呼んでくれって言われたら困るから慣れておこうかなと思って」とその理由を説明する。

    この姿に、ネット上では「カホコって回数多い、かわいい(笑) ほんまに好き」「テレビ見てたら竹内涼真めっちゃカホコって連呼してるなんか嬉しい」「カホコも麦野くんも可愛さ100」「初くんがカホコって呼んでる! めっちゃぶきっちょ(笑)」といったコメントが続出。

    その後、母方の祖母・初代(三田佳子)が重い心臓の病気を知ったカホコは、彼女を元気づけるべく従姉妹のイト(久保田紗友)の誕生日会を催すことに。その矢先、親戚一同で様々な問題が勃発する。なんとか各所を丸く収めたカホコは、無事に親戚たちを祖母が待つ家に集めることに成功。しかし、集まった親戚たちはひょんなことから口論を始め、家族に対する罵詈雑言を浴びせ合うのだった。これに嫌気が差したカホコは外に飛び出し、その後を初が追う。

    追いついた初が励ましたところ、元気を取り戻したカホコ。唐突に「子どもを作ろう、初くん。ばあば言ってたでしょ。子どもが出来たら嬉しいって。ばあばが生きてる内にひ孫を作ったら、ばあばきっとすごく喜んでくれると思う」と思いつきで提案するカホコに対し、初は「俺たち結婚もしてないのに」と当然の答えを返す。すると、カホコは「じゃあ結婚しよう」と言い出すが、初は「ばあばにひ孫を見せたいからって結婚するのは本末転倒だって。本末転倒って意味わかってるか?」とたしなめる。すると、カホコは「わかってるよ。バカにしないでよ、そうやって。カホコが家族のために何かしてあげようとするとすぐ文句ばっか言うし」と言い返すが、初には「考えが甘い」と言われてしまう。

    さらに、「バカみたいに家族は素晴らしいって言うけど、世の中そんなに甘くないんだよ。ケンカばっかりする家族もいれば殺し合いする家族だっている」「さっきだってあんなにみっともないケンカしてた。所詮人間なんか弱い生き物なんだから」と言われ、カホコは「そうやってわかったようなことばっかり言って、カホコの家族のことバカにするのやめてくれないかな」と反論し、「結局、初くんは家族がいないからわからないんだよ。カホコの気持ちが」と、施設で育った初めに対して禁句を発する。さすがの初も「お前が言った通り、俺は家族のことなんてわからないし、わかろうとも思ってない。お前と違って家族の愛なんてこれっぽっちも信じてないし。生きる世界が違うんだよ。俺とお前は」と感情を露わにし、「もう……付き合うのやめよう」と告げるのだった。

    この展開には、ネット上でも「カホコを追いかけて行く初くんがかっこよ」「今回悲しい」「これは流石にカホコかわいそう」「カホコ涙止まらん」「最後泣いた」「修羅場のままにまさかの展開」「カホコはやばいよ」などといった声があがり、反響を呼んでいた。

    衝撃のラストを飾ったが、30日放送の第8話の予告では、根本家のテーブルに二人が並び、カホコが「お願い。麦野初くんと結婚させてください」と両親に頼み込む姿が。一体、どんなストーリーが紡がれるのか、最後まで見逃せない。

    関連リンク
    もこみち「なかなかのシャレオツ」と大満足!真骨頂を発揮『MOCO'Sキッチン』

    「なすを丸ごとドーン!」もこみちの大量消費レシピが話題『MOCO'Sキッチン』

    女装家・ブルボンヌが男性の姿で登場 指原莉乃も「清潔感ある」と絶賛

    高畑充希、AIになる!LINEでカホコとおしゃべりが可能に

    竹内涼真「こんなに悩んでいるのは初めて」高畑充希の相手役に『過保護のカホコ』

    高畑充希、特製“梱包材ドレス”姿を披露!民放連ドラ初主演が決定

    『過保護のカホコ』ほか人気番組を無料配信「TVer(ティーバー)」公式サイト

    ドラマ公式サイト

    0 0

    女優の井上真央が、カンテレ・フジテレビ系列で10月にスタートする新ドラマ『明日の約束』(毎週火曜21:00~)で主演することが決定。2015年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』以来の連続ドラマ主演となる。

    本作は、突然訪れた生徒の死の原因を究明していくスクールカウンセラーの姿を描いた、オリジナルのヒューマン・ミステリー。井上は“親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人”として誰よりも人の心に寄り添う高校のスクールカウンセラー・藍沢日向を演じる。

    物語は、ある日、日向が気にかけていた不登校の男子生徒から「ヒナタ先生のことが好きです……」と告白され、その翌日、彼が不可解な死を遂げてしまうことからスタート。誰が彼を死なせたのか犯人探しが始まると、日向も苦しめられている“毒親”による過干渉をはじめ、学校での陰湿ないじめ、非行歴や不穏な交友関係など、彼の抱える“闇”が次々に明らかになっていく。

    また日向自身も、男子生徒の母親からの言いがかり、自らの毒親からの抑圧、恋人との心が引き裂かれそうなトラブル、男子生徒からの「告白」の記憶といった難題を抱え、次第に追い込まれる。しかし、生徒の死の原因を究明したい一心で、持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合っていくことで、その先にある「生きる上で大切なこと」や「親子のカタチ」を導き出していく。

    井上は、「親子の関係をじっくりと描けるような作品をやってみたいと思っていたので、お話を聞いた時は嬉しい気持ちと同時に、繊細で難しいテーマを扱うことへの責任を感じました」とコメント。「時代を象徴させるような学校の問題と、親子関係という普遍的なテーマを元に、同じような悩みを抱える方たちにそっと寄り添えるような作品にしていきたいです」と意気込んでいる。

    また、カンテレの河西秀幸プロデューサーは、井上演じる日向について「生徒に対して第三者として冷静にアドバイスする一方で、自分の母親に対しては、毅然とした態度を取りきることが出来ないという矛盾を抱えた難しい役」と語り、「数々の作品で人の繊細な心情を巧みに演じてこられた井上さんならば、たくさんの視聴者に共感して頂ける」と起用の理由を説明。井上も、久々の連ドラ主演に気合いが入っている様子だと明かし、撮影が始まる前としては異例なほど打ち合わせを重ね、制作の準備を進めていると語った。

    関連リンク
    橋本環奈は「何やっても可愛い」マンシェリ-姫コスプレも「完全に一致」

    池田エライザに“男”が乗り移ったら?最初にすることはやっぱり「モミモミ」

    剛力彩芽、坂本龍馬の妻役で“薩長同盟”を操る?『27時間テレビ』ドラマで主演

    イケメンモデルの飲み会に密着「クソしょうもない」ディレクターがブチ切れ

    0 0

     ドラマ『花燃ゆ』でNHK大河初主演ながらも堂々と吉田松陰の妹・美和役を演じきった女優の井上真央が、10月からスタートする連続ドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)で、高校のスクールカウンセラー役として主演を務めることが分かった。

    【関連】「井上真央」フォトギャラリー

     本作は、ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』などの脚本を手掛けた古家和尚によるオリジナル作品で、誰よりも人の心に寄り添うスクールカウンセラーが、突如発生したこの世でいちばん謎が残る死の原因を究明するヒューマン・ミステリー。井上は、2015年大河ドラマ『花燃ゆ』以来の連続ドラマ主演となる。

     井上演じる藍沢日向(あいざわひなた)は、すぐに癇癪を起こす“毒親”である母に育てられ、「あしたのやくそく」という交換日記を、強引につけさせられていた過去を持つ。現在は、椿が丘高校のカウンセラーとして、生徒たちの悩みに向き合い、寄り添う日々を送る中、ひとりの男子生徒から「好きです」と告白を受ける。だが次の日、その男子生徒が、謎の死を遂げてしまう。なぜ生徒は亡くなったのか? 原因を探るべく、日向は動き出すのだが…。
     
     「親子の関係をじっくりと描けるような作品をやってみたいと思っていた」と語る井上は、今回の役を演じるにあたって「嬉しい気持ちと同時に、繊細で難しいテーマを扱うことへの責任を感じました」と複雑な心境を吐露。「時代を象徴させるような学校の問題と、親子関係という普遍的なテーマを元に、同じような悩みを抱える方たちにそっと寄り添えるような作品にしていきたい」と意気込みを見せる。

     プロデューサーの河西秀幸氏(カンテレ)は、「生徒の死の謎が解明されていくミステリーを楽しんで頂きながら、是非、複雑な親子関係の身に染みるような話にご期待下さい」とアピール。「毎週、先が気になるストーリー展開を約束します」と自信をのぞかせ、重厚かつ興味深いストーリーのドラマになりそうだ。

     新ドラマ『明日の約束』は、カンテレ・フジテレビ系にて10月より毎週火曜21時放送。

    ■関連記事
    井上真央、『花燃ゆ』撮了で涙!クランクアップ取材会の様子
    NHK大河ドラマ歴代「主演男優・女優」たち<フォト集>
    井上真央「女優業も私生活も自然体で」 30歳目前に焦りなし
    井上真央、“兄”原田泰造のことが心配「闇を受け止めてくれる人が…」

    0 0

     俳優の井浦新と女優の黒川芽以が、越川道夫監督の最新作「二十六夜待ち」にダブル主演していることが明らかになった。

     「還れぬ家」が第55回毎日芸術賞、「渡良瀬」が第25回伊藤整文学賞に輝いた佐伯一麦氏の同名小説が原作。震災で何もかもを失い福島の叔母の工務店に身を寄せる由実(黒川)は、路地裏にある小さな飲み屋で働くことになる。店主の杉谷(井浦)は記憶をすべて失い、覚えていることは手が料理をしていたということ。周囲の温かな人々に囲まれながらも、杉谷の心はいつも怯え、自分が何者か分からない孤独を抱え込んでいた。傷ついた魂を持つ2人は、やがて引き寄せ合うように心と体を寄り添わせるようになる。

     井浦は「光」(大森立嗣監督)、「菊とギロチン 女相撲とアナキスト」(瀬々敬久監督)、「ニワトリ★スター」(たなか雄一狼監督)などの公開を控えるだけでなく、テレビドラマやCMなど活躍の場を広げ続けている。今作では難役に挑んだが、「現場で感じた事を大切にしながら演じていました。それは苦しさを抱えながらも、由実さんと野の草花を摘んでいる時の楽しさであったりするのですが、映画の中の自分の演技や表情を見ていて、いつも眉間に皺を寄せている男にならなくてよかったな、一辺倒な演技にならなくてよかった」と撮影を述懐している。

     濃厚なラブシーンを披露しているが、「あそこまでの生々しさで演じるのは、初めての挑戦でした。監督がラブシーンは正面からしっかり撮りたいとおっしゃっていましたが、黒川芽以さんと現場で芝居を作っていくなかで、ワンシーンワンシーン、その瞬間瞬間にお互いの傷や不安を重ね合わせることによって癒し合いながら、爆発的にラブシーンを表現できたのではないかと思っています」と手ごたえをにじませる。銀幕デビュー作「ワンダフルライフ」(是枝裕和監督)の撮影を担当した山崎裕が、今作を撮影していることにも縁を感じている様子。「『こんな時間に、こんな月を眺めたことがあったような気がする』という杉谷のセリフではありませんが、20年前ぐらいに、僕はやはり山崎さんが撮影した絵の中にいて、その時もやはり月を見上げてたな、と」。

     一方の黒川は、「台本を頂き『あ、これは20代最後に思いっきり挑める作品だ』と思い嬉しかったです」と胸中を明かす。そして、「撮影中は越川監督はじめスタッフさん、キャストさんとの信頼関係が増していき、安心して身を預けて演じることだけに集中していました。完成したら、思った以上に恋愛ものになっていました。これは、すごいことになったので、ぜひ見て頂きたいです」と自信のほどをうかがわせた。

     「二十六夜待ち」は、12月23日から東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開。

    【作品情報】
    菊とギロチン 女相撲とアナキスト

    【関連記事】
    自堕落な井浦新&成田凌…「ニワトリ★スター」新場面写真お披露目!公開は18年3月
    虚ろな表情を浮かべる井浦新×瑛太×長谷川京子×橋本マナミ「光」ポスター完成
    井浦新、沖縄返還に人生をかけた外交官に!NHKドラマ「返還交渉人」に主演

    0 0

     第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した「淵に立つ」の深田晃司監督と、ディーン・フジオカが初タッグを組む映画「海を駆ける」が、2018年5月に公開されることが決定。日本、フランス、インドネシアが共同で製作する本作は、深田監督による完全オリジナル脚本のファンタジー作品だ。

     8月5日にクランクインした本作は、インドネシア・スマトラ島のバンダ・アチェでオールロケーション撮影を敢行中。広く澄み渡る海と、戦争と津波の残る町を背景にした物語が展開する。バンダ・アチェの海岸、片言の日本語やインドネシア語を話す謎の男が発見される。災害復興の仕事をしていた貴子と息子・タカシは、行き倒れていたその男にラウ(=インドネシア語で「海」)と名づけ、保護することに。やがて、ラウは数々の不思議な奇跡と事件を巻き起こしていく。フジオカが謎の男・ラウを演じるほか、貴子役を鶴田真由、タカシ役を太賀、タカシの従妹・サチコ役を阿部純子が演じている。

     「個人的にインドネシアという国は、家族が住んでいたり自分の過去に縁のある国のひとつです」とインドネシアが“第二の故郷”であることを明かしたフジオカは、深田監督の演出について「とても丁寧だなと思いました」と告白。「リハーサルを何度も重ね、現場に入ってからも、タイミングやディテールに真摯に向き合っている姿を見て、本当に映画が好きな人なんだなぁっていうのが伝わってきます。一緒に現場に入らせていただいてすごく勉強になりますし、楽しい時間を送っております」と厚い信頼を寄せている。

     また、自身が演じるラウという人物は「海から来た男ということで、すごく不思議な存在ですね。人間のようでいて、でも人間ではないというか。様々な奇跡的な現象を起こしていく、とにかく謎に包まれたキャラクター」と説明。そして「ストーリー的にもチャレンジングでおもしろいものだと思うんですけど、作品の存在自体が2つの国だったりカルチャーというものをさらに近づけていったり、新しい科学反応を起こしたりするようなきっかけになる可能性を持った、ひとつのプロジェクトなんじゃないかなぁと思っているので、ひとりでも多くの人に、国籍や喋る言語を問わず、年代を問わず、見てもらえたら嬉しいですね」と語っている。

     一方、深田監督は「多国籍で無国籍な生き方にまず惹かれ、お顔を拝見し打ち抜かれました。一目ぼれです」とフジオカとのタッグに喜びを隠しきれず「ラウがいた、と確信しました。ラウ=ディーンさんの発見によって、この映画は動き始めたのだと思います」と話している。さらに、11年、津波に関するシンポジウムの記録撮影のためにバンダ・アチェを始めて訪れた過去を振り返り「アチェは2004年にスマトラ沖地震による大津波で被害を受けた地です。東北の津波の記憶の生々しかった時期だけに、そこで見聞きするすべてに刺激を受け、アチェを舞台にした映画と作りたいと願うようになりました」とコメントを寄せている。

     「海を駆ける」には、アディパティ・ドルケン、セカール・サリも出演。18年5月に全国で公開し、その後インドネシアでも上映される。

    【作品情報】
    淵に立つ

    【関連記事】
    ディーン・フジオカ&武井咲「今からあなたを脅迫します」でダブル主演!
    マスタング大佐が“賢者の石”を手に!?実写「鋼の錬金術師」劇中カット披露
    新進映画監督たちの映画祭「SHINPA vol.5」に深田晃司監督が初参戦

    (C)2018「海を駆ける」製作委員会

    0 0

    【ベルギービールウィークエンド/女子旅プレス】今年で8回目となる「ベルギービールウィークエンド(BBW)2017」が、2017年9月14日(木)~18日(月)の5日間に渡り、東京都港区の六本木ヒルズアリーナにて開催される。BBWは年間20万人が訪れるアジア最大のベルギービールのイベントで、4月からおよそ半年に渡り全国を巡り、東京でフィナーレを迎える。

    【さらに写真を見る】「ベルギービールウィークエンド2017」六本木でビール107種を立ち飲みスタイルで堪能

    ◆本場の立ち飲みスタイルでベルギー気分を満喫

    今年の東京は、会場のリニューアルに伴いレイアウトを一新。BBWのアイデンティティとも呼べる本場ベルギー流のスタンディングスタイルを中心に、グリーンの上でくつろぐヒューガルデンテラス、椅子やテーブルとして自由に使えるパレットゾーンなど、これまで以上にオープンな空間で、32種類のBBW初登場ビールを含む107種類ものベルギービールを楽しめる。

    銘柄はビール通には定番のトラピスト・ビールやIPAをはじめ、晴れの日にぴったりのホワイト・ビールやフルーツ・ビールまで様々。日や時間によりメニューがランダムに変わる BBW Boutique(ビービーダブリュー・ブティック)は、目当てのビールにいつ出会えるか分からないドキドキ感が満載だ。

    また、金曜日のみ先着200名限定の「飲み比べセット」も登場。ビールと好相性のおつまみはもちろん、世界が認める本場ベルギーのフリッツ専門店、FRITKOTといった絶品ビールとフードの極上ペアリングを堪能できる。

    ◆ベルギー人気No.1バンドによる圧巻のステージ

    もうひとつの目玉は、なんと言ってもベルギーの人気No.1バンドARSENALによる圧巻のライブパフォーマンス。他にもヒップホップの歌姫COELY、ラッパーのDVTCH NORRISなど豪華アーティストが続々来日し、都会の真ん中を舞台に最高の「ベルギービール文化」を味わえる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

    ■ベルギービールウィークエンド 2017 東京
    開催日時:2017年 9月14日(木)~9月18日(月)※雨天開催
    初日 14:00~22:00
    土日 11:00~22:00
    最終日 11:00~21:00
    ※ラストオーダー終了30分前
    会場:東京都港区六本木6-9-1六本木ヒルズアリーナ

    情報:ベルギービールウィークエンド実行委員会

    【Not Sponsored 記事】

    【関連リンク】
    他の写真・記事詳細をもっと見る
    六本木ヒルズ、和モダンな“畳ラウンジ“が初登場 お洒落メニュー揃いのカフェも限定OPEN
    六本木ヒルズの夏イベントが熱い!盆踊りにハンバーガーGP、ジャンプ展など見どころ満載
    「スパイダーマンカフェ」六本木ヒルズに限定オープン メニューは新作映画をイメージ

    0 0

    【井上真央/モデルプレス=8月24日】女優の井上真央が、関西テレビ・フジテレビ系の2017年10月期の連続ドラマ「明日の約束」(毎週火曜よる9時~)で主演を務めることがわかった。井上が連続ドラマの主演を務めるのは、2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」以来となる。

    【さらに写真を見る】井上真央のオン眉ヘアがかわいい!

    同作は、誰よりも人の心に寄り添うスクールカウンセラーが突如発生した謎が残る死の原因を究明するヒューマン・ミステリー。次から次へと立ちはだかる難題の数々、そして人の心の闇に対峙する。原作はなく、オリジナル作品となる。

    ◆「明日の約束」あらすじ

    主人公の藍沢日向は、高校のスクールカウンセラー。「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活をささげる。背後に、誰にも相談できない苦悩“毒親”とも言える過干渉な母親とのいびつな関係に悩んで育ってきた経験があったからだ。

    日々、業務に熱心にまい進する日向はある日、気にかけていた不登校の男子生徒から「ヒナタ先生のことが好きです…」と告白される。しかし、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。

    はたして、誰が彼を死なせたのか。彼がいなくなった世界では、“犯人探し”が始まる。すると、彼が抱えていた“闇”が次から次へと明らかになり、原因究明に動く日向の前に立ちはだかる。

    学校での陰湿ないじめ、日向の母親と同じ“毒親”による息子への過干渉、彼自身の非行歴と不穏な交友関係。また、日向自身の周辺…男子生徒の母親からの言いがかり、自らの“毒親”からの抑圧、恋人との心が引き裂かれそうなトラブル、心から離れない男子生徒からの「告白」の記憶といった難題も、彼女を次第に追い込んでいく。

    しかし、日向は、生徒の死の原因を究明したい一心で、持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合っていく。そして「生きる上で大切なこと」「親子のカタチ」を導き出していく。

    ◆井上真央の意気込み

    井上は「親子の関係をじっくりと描けるような作品をやってみたいと思っていたので、お話を聞いた時は嬉しい気持ちと同時に、繊細で難しいテーマを扱うことへの責任を感じました」とコメント。そして「時代を象徴させるような学校の問題と、親子関係という普遍的なテーマを元に、同じような悩みを抱える方たちにそっと寄り添えるような作品にしていきたいです」と意気込みを語った。

    また、プロデューサー・河西秀幸氏は「難しい役ですが、数々の作品で人の繊細な心情を巧みに演じてこられた井上さんならば、たくさんの視聴者に共感して頂けると思い、お願い致しました」と信頼を寄せている。(modelpress編集部)

    ■井上真央 コメント

    親子の関係をじっくりと描けるような作品をやってみたいと思っていたので、お話を聞いた時は嬉しい気持ちと同時に、繊細で難しいテーマを扱うことへの責任を感じました。時代を象徴させるような学校の問題と、親子関係という普遍的なテーマを元に、同じような悩みを抱える方たちにそっと寄り添えるような作品にしていきたいです。

    ■プロデューサー・河西秀幸氏(カンテレ)コメント

    ある生徒の“この世でいちばん謎が残る死”の理由を究明していくストーリーです。しかし、単なる“犯人探し”ではありません。視聴者にも色々な問いかけをしていきます。今回のストーリーは実は、もしかしたら誰にでも明日、起きるかもしれない身近なものだからです。

    親身になって生徒の心のケアにまい進する日向はとっても前向きで、家族などの人間関係に悩む生徒に対しては「第三者として」冷静にアドバイスをします。しかし、“毒親”ともいえる自分の母親に対しては、毅然とした態度を取りきることが出来ないという矛盾を抱えています。そういう難しい役ですが、数々の作品で人の繊細な心情を巧みに演じてこられた井上さんならば、たくさんの視聴者に共感して頂けると思い、お願い致しました。

    生徒の死の謎が解明されていくミステリーを楽しんで頂きながら、是非、複雑な親子関係の身に染みるような話にご期待下さい。主人公だけでなく、生徒をはじめ、登場キャラクターの親子の問題が色濃く描かれます。毎週、先が気になるストーリー展開を約束します。

    【Not Sponsored 記事】

    【関連リンク】
    他の写真・記事詳細をもっと見る
    斉藤祥太ら「キッズ・ウォー」再会ショットが話題「めっちゃ懐かしい」「大人になった」
    井上真央を絶賛「こんなに美しいのに…」
    井上真央、愛犬とのエピソードを披露「見られたら恥ずかしい」

    0 0

    【ディーン・フジオカ/モデルプレス=8月24日】俳優のディーン・フジオカが、深田晃司監督の最新作映画「海を駆ける」(2018年5月公開)で主演を務めることがわかった。ディーンの第二の故郷であるインドネシアを舞台に、完全オリジナル脚本でファンタジー作品を描く。

    貫地谷しほり、ディーン・フジオカとのキスシーンは「溺れそうでした」

    同作でディーンが演じるのは、海岸で倒れているところを発見された謎の男。片言の日本語やインドネシア語を話す男はラウ(インドネシア語で「海」)と名付けられ、様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていく。

    いつか縁のあるインドネシアで映画撮影をしたいと思っていたというディーンは「今回日本とインドネシアやフランスなどの共同製作ということでぜひ参加したいと思い、今ここにいます」とコメント。ロケを行っているスマトラ島には、今回初めて訪れたそうで「貴重な体験をさせていただいて、本当にありがたいなと思っています」と感謝した。

    また、作品については「ストーリー的にもチャレンジングでおもしろいものだと思うんですけど、作品の存在自体が2つの国だったりカルチャーというものをさらに近づけていったり、新しい化学反応を起こしたりするようなきっかけになる可能性を持った、ひとつのプロジェクト」と自身の考えを告白。「1人でも多くの人に、国籍や喋る言語を問わず、年代を問わず、観てもらえたら嬉しいですね」と心境を明かした。

    ◆共演者も発表

    そして、成り行きでラウと一緒に暮らすことになる日本人の貴子役に鶴田真由、その息子・タカシ役に太賀、タカシの従妹を阿部純子と、豪華な顔ぶれが集結。

    撮影の様子について、ディーンは「リハーサルの回数を重ねたことで、実際現場に入るまでに、皆お互いを知る機会がたくさんありました。だから現場でももちろん作業は円滑にスムーズに進んでいます」といい、「合間合間で楽しい和やかな空気がずっと流れていて、みなそれぞれプロフェッショナルな仕事をしながら、すごく楽しい思い出を一緒に日々作っているという感じですね」と紹介した。

    なお、同作は海外映画祭や劇場公開を視野に入れつつ、日本では2018年5月に公開。以後、インドネシアでも公開されることが決まっている。(modelpress編集部)

    ■ディーン・フジオカ コメント

    個人的にインドネシアという国は、家族が住んでいたり自分の過去に縁のある国の一つです。音楽的にもジャカルタでアルバムを作ったりしていますので、いつかインドネシアに映画の撮影に来られたらいいなぁと思っていました。しかも今回日本とインドネシアやフランスなどの共同製作ということでぜひ参加したいと思い、今ここにいます。

    スマトラ島が初めてで、アチェというと同じインドネシア国内でも外国みたいなイメージがあったので、すごくワクワクドキドキですね。来る前はどんな日々になるかまったく想像もつかなかったです。自分のジャカルタの友達や家族にアチェのこと聞いても誰も行ったことなかったし、詳しく知っている人もいなかったので、そういう意味では今回貴重な体験をさせていただいて、本当にありがたいなと思っています。

    ラウは海から来た男ということで、すごく不思議な存在ですね。人間のようでいて、でも人間ではないというか。様々な奇跡的な現象を起こしていく、とにかく謎に包まれたキャラクターですね。

    監督の演出はとても丁寧だなと思いました。リハーサルを何度も重ね、現場に入ってからも、タイミングやディテールに真摯に向き合ってる姿を見て、本当に映画が好きな人なんだなぁっていうのが伝わってきます。一緒に現場に入らせていただいてすごく勉強にもなりますし、楽しい時間を送っております。

    また、共演者の皆さんとは、リハーサルの回数を重ねたことで、実際現場に入るまでに、皆お互いを知る機会がたくさんありました。だから現場でももちろん作業は円滑にスムーズに進んでいますし、かつ合間合間で楽しい和やかな空気がずっと流れていて、みなそれぞれプロフェッショナルな仕事をしながら、すごく楽しい思い出を一緒に日々作っているという感じですね。

    はじめてインドネシアで撮った作品で、しかもアチェだったりサバンだったり、インド洋の文化圏のドアが日々開いてる感じがします。もちろん映画を作ってるスタッフや関係者がインドネシアの人だったり日本の人だったり、いろんな人がいます。作品はストーリー的にもチャレンジングでおもしろいものだと思うんですけど、作品の存在自体が2つの国だったりカルチャーというものをさらに近づけていったり、新しい化学反応を起こしたりするようなきっかけになる可能性を持った、ひとつのプロジェクトなんじゃないかなぁと思っているので、1人でも多くの人に、国籍や喋る言語を問わず、年代を問わず、観てもらえたら嬉しいですね。

    ■深田晃司監督コメント

    ディーン・フジオカさんは、その多国籍で無国籍な生き方にまず惹かれ、お顔を拝見し打ち抜かれました。一目惚れです。ラウがいた、と確信しました。ラウ=ディーンさんの発見によって、この映画は動き始めたのだと思います。超然としたキャラクターをディーンさんがどう演じどう膨らませてくれるか、とても楽しみにしています。

    また、鶴田さん、太賀さんはすでに何度かお仕事がしたこともあり、脚本段階から2人のイメージで書いていました。ご出演頂けることになりほっとしています。阿部さんは、大人びた雰囲気にわずかに幼さを残したその佇まいに惹かれました。国境を越えるその情熱がどうスクリーンに息づくか、期待しています。

    そして、アディパティ・ドルケンさんとセカール・サリさんは、インドネシアのプロデューサーが探してくれた多くの候補の中から選びました。もちろん、役に合うと確信したのは当然ですが、おそらく自分は直感的に日本の若い俳優たちとすぐに友達になれそうな二人を選んだのだと思います。それは大成功だったようです。

    私は2011年に津波に関するシンポジウムの記録撮影のためにインドネシアのバンダ・アチェを初めて訪れました。アチェは2004年にスマトラ沖地震による大津波で被害を受けた地です。東北の津波の記憶の生々しかった時期だけに、そこで見聞きするすべてに刺激を受け、アチェを舞台にした映画を作りたいと願うようになりました。

    俳優たちの魅力によって期待以上の作品に育ちつつあることを実感しています。目の前に見えることを大切に掬い取っていきたいです。

    【Not Sponsored 記事】

    【関連リンク】
    他の写真・記事詳細をもっと見る
    ディーン・フジオカ×武井咲、新ドラマでW主演 「変人級の悪人&善人」で“見たことない”2人に<今からあなたを脅迫します>
    DEAN FUJIOKA、ステージ上で涙 知られざる想いも語る
    実写版「鋼の錬金術師」から“暑中見舞い”到着 ディーン・フジオカら豪華勢揃い

    0 0

    【松田翔太・テミン/モデルプレス=8月24日】俳優の松田翔太と、SHINeeのテミンが出演するドラマシリーズ「ファイナルライフ−明日、君が消えても−」(Amazonプライムビデオ/全12話)が、9月8日より配信されることがわかった。2人は初共演となる。

    松田翔太×テミン(SHINee)が初共演 圧巻のスケールに息を呑む…

    まったく違った境遇で人生を歩んできた2人の男が出会い、警察の秘密組織「特殊班」として同じチームで次々と起こる難事件を解決していく同作。アクション、悲哀、そして運命の愛を、世界に通用するスケール感で描く。

    ◆松田翔太×テミンが初共演

    松田が演じるのは、失踪した母親を探しながらも特殊班のエースとして日々命がけの事件を追う刑事となった川久保稜。母親からの愛に恵まれず貧困に苦しみ、最愛の弟を失うという悲しい過去を背負っている。

    一方、テミンが演じるのはソン・シオン。アメリカで最高レベルの医大を首席で卒業するほどの頭脳を持ち、最愛の彼女と幸せな日々を過ごしていた折、脳にある怖ろしい実験を施されすべての記憶を失ってしまう。

    はじめて日本のドラマに出演するテミンは「日本語や英語のセリフに奮闘しながら頑張りました!言葉以外での細かい表現がたくさん必要な役柄だったので難しかったです」と回顧。それでも、「悩んだりアドバイスを聞いたりしながら頑張ったので、ぜひ楽しみにしていてください!」とアピールした。

    ◆ヒロインは瀧本美織

    そして、2人がともに愛することとなる運命のヒロイン・綾辻佳菜役には、瀧本美織を起用。

    ほか、稜とシオンが所属する特殊班のメンバー・浅田拓人役を戸次重幸、叶理沙役を野波麻帆、班長である本田賢一役を哀川翔氏が演じる。(modelpress編集部)

    ■テミン コメント

    はじめて日本のドラマに出演しましたが、日本語や英語のセリフに奮闘しながら頑張りました!言葉以外での細かい表現がたくさん必要な役柄だったので難しかったですけど、悩んだりアドバイスを聞いたりしながら頑張ったので、ぜひ楽しみにしていてください!

    【Not Sponsored 記事】

    【関連リンク】
    他の写真・記事詳細をもっと見る
    SHINeeテミン、ファンと過ごした幸せな誕生日 小雨降る会場に3000人<イベントレポ>
    SHINeeテミン“底知れぬ才能”が武道館で覚醒「今日のステージが、ソロのテミンとしてスタートになる」<ライブレポ・セットリスト>
    SHINeeテミン、半裸・女性との妖艶な絡みも… “静と動”の別世界へ誘う

    0 0

    【武井咲/モデルプレス=8月24日】女優の武井咲が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ「黒革の手帖」(毎週木曜よる9時~)の撮影現場を、同作の主題歌「聖域」を歌う歌手で俳優の福山雅治が激励訪問した。

    【さらに写真を見る】武井咲と福山雅治が初対面 豪華2ショット

    大きなヒマワリの花束を抱え、クラブ「カルネ」のセットに登場した福山。盛大な拍手で迎えられると「差し入れでございます」と微笑みながら武井に優しく花束を差し出した。

    この日が福山と待望の初対面となった武井は「嬉しいです。やっとお会いできました」と感激の様子。対する福山も、着物姿の武井を見て「本物の元子だー、って感じ。ドラマの中では“夜の銀座のスーパースター”なので、現実の人でありながらも、そうでないような…」と、まさに“原口元子そのもの”な武井の佇まいに感動しているようだった。

    ◆主題歌に込めた思い

    さらに出来上がったばかりというドラマ主題歌「聖域」のCDも進呈。楽曲制作の際、「黒革の手帖」のヒロイン“原口元子”という女性をイメージして作ったと話す福山は「美しく、したたかで強い女性なのだけれど、どこか弱いところもある。武井さんが実はこんな女性だったら素敵だな、と妄想しながら(笑)書いたんです」と説明。さらに「回を追うごとに元子とシンクロしていく武井さんの姿もこのドラマの魅力のひとつ」と話し、「これは元子だけの戦いじゃなくて、武井さんの戦いでもありますよね」と、役に真摯に向き合う武井を労った。

    一方、初めて「聖域」を聴いたとき「福山さんの色っぽさに撃たれた」という武井。「今回、役に入る前にすごくプレッシャーがあったのですが、福山さんの曲はそんなわたしをバックアップしてくれるかのように、元子の“輪郭”を見せてくれました」と感謝し、今ではドラマになくてはならない存在であることを明かした。

    ◆福山雅治、撮影現場に興味津々

    実際に「カルネ」のセットでソファに腰掛けた福山は、テーブルの上にあった「カルネ」のロゴ入りマッチなどを興味深そうにチェック。ドラマも毎回楽しみに見ており、数いるアクの強い登場人物たちの中でも特に高嶋政伸演じる大手予備校の理事長・橋田常雄の動向が気になるそう。

    「あれだけ押されると、もう(付き合っても)いいかなって思ったりしないの?」と尋ねられた武井は「最終回まで本当にしつこいんですよ(笑)」と答えた。

    イチ視聴者としてドラマの展開も気になっている福山は、「橋田のことをだんだん応援したくなる」と話しつつ「周りにいる真矢ミキさん、仲里依紗さんといった女性陣もどこで牙を剥いてくるかわからないので、それも楽しみです」と期待。武井も「これまで元子が倒してきた人物たちが復讐にやってきます。みなさんの予想も大きく裏切る展開が待っていますので、ご期待下さい」と自信をのぞかせた。

    最後には多忙な中、現場に来てくれた福山に感謝を述べ「今度はわたしが福山さんのラジオにお邪魔したいです!」と思いがけぬ約束を交わした。(modelpress編集部)

    ■第6話あらすじ

    ついに長谷川庄治(伊東四朗)から銀座の最高峰クラブ『ルダン』を買い取る準備を整えた原口元子(武井咲)は、手付金の5千万円を現金で支払い、売買契約書を交わす。

    長谷川との商談を終え自宅に戻った元子のもとに中岡市子(高畑淳子)が現れ楢林謙治(奥田瑛二)から奪った金を返すよう迫る。「何の話だかさっぱり」ととぼける元子に「あなたが破滅する前にまた来ます」と言い残し、立ち去る市子。黒革の手帖の眺め、「私は破滅などしない」と自分に言い聞かせる元子だったが、そんな自信を打ち砕くかのように驚愕の事実がもたらされる。

    なんと橋田常雄(高嶋政伸)から奪ったはずの料亭『梅村』の名義が、元の持ち主である“梅村キミ”に書き換えられているというのだ!慌てて橋田に詰め寄った元子は、思いもかけない事実を知らされることに…。

    さらに追い打ちをかけるように、元子の自宅に何者かが侵入、荒らされており…。 

    これまで、すべてが順調に進んできていた元子の頭上に初めて立ちこめる暗雲…。果たして元子を待ち受ける運命とは?

    【Not Sponsored 記事】

    【関連リンク】
    他の写真・記事詳細をもっと見る
    福山雅治、Instagram開設を発表 直筆メッセージ&どアップ写真にファン歓喜
    佐々木希・武井咲・川栄李奈・本田翼も!“体当たり演技”で飛躍する女優に注目
    ディーン・フジオカ×武井咲、新ドラマでW主演 「変人級の悪人&善人」で“見たことない”2人に<今からあなたを脅迫します>

    0 0

    FES☆TIVEが9月3日(日)、東京・赤坂BLITZで「FES☆TIVEワンマンライブ『Brand New FES☆TIVE-#BNF0903-』」を開催する。

    【写真を見る】リーダー・れいあん(汐咲玲亜)、「TIF」でチャーミー石川のセリフを再現!

    大きな舞台でのワンマンライブを控えたFES☆TIVEの坂元由奈、汐咲玲亜、青葉ひなり、桃原ひよ、鈴木ことね、鈴木みつき、白石ぴあの、真野彩里愛にインタビュー。

    ワンマンライブへの意気込みはもちろん、大活躍を見せた「TIF」(TOKYO IDOL FESTIVAL 2017)、目前に控えた「@JAM EXPO 2017」、さらに夏の過ごし方などについて語ってもらった。

    ■ FES☆TIVEの「TIF」の思い出は、ゆなぴこ「全部だよね!」

    ――ワンマンの前に、ちょっと夏のイベントを振り返っていただきたいと思います。まず、今回の「TIF」はいかがでしたか?

    坂元:最高の夏!

    青葉:楽しかったー!

    坂元:忙しくて良かった。

    鈴木(こ):そう! 休む暇がないくらい忙しく動かせてもらいました。1日目から3日目にかけて気温もどんどん暑くなっていって、人の熱も熱くなっていって、最高でしたね。

    ――「TIF」で、何か印象的だった事はありますか?

    坂元:「HOT STAGE」!

    鈴木(こ):「HOT STAGE」と、夜の「SKY STAGE」!

    真野:景色が、めちゃくちゃ奇麗だった。

    鈴木(こ):あと、「SMILE GARDEN」も。

    坂元:全部だよね。

    鈴木(み):去年「立ちたかったね」って、ちょっと悔しい思いをした「HOT STAGE」に今年は立たせてもらえることができたから、そういう意味でもすごい良かったなって思います。

    青葉:今までの「TIF」と違いました。何もかもが特別じゃないけど…そんなメインでやらせてもらってるわけじゃないですけど、メインステージ(HOT STAGE)もそうだし、「SKY STAGE」でトリをやらせてもらったり、去年よりFES☆TIVEが前に出させてもらえた気がします。

    坂元:コラボとか、グランドフィナーレとかもね。

    鈴木(こ):グランドフィナーレで、コラボもさせてもらったりとか。

    汐咲:フィナーレは優勝しました!(パチパチパチ!!)

    ■ リーダー・れいあん、グランドフィナーレでの活躍を振り返る!

    ――グランドフィナーレでは、モーニング娘。「ザ☆ピ~ス!」のセリフを汐咲さんがやってましたね。

    汐咲:本当にビックリして! 岡井ちゃん(元℃-ute・岡井千聖)がマイクをサササッて持ってきてくれたんですよ。他の人から「打ち合わせしてたのかと思った」って言われました。

    ――岡井ちゃんに選ばれた瞬間、何を思いましたか?

    汐咲:岡井ちゃんにマイク渡された時、何も考えずに受け取って、取りあえずセリフだけ言って、「ありがとうございました!」ってマイクを返した後に、「私、今ヤバい事やったな!?」と思って。その時は「やらなきゃ!」としか考えられなくて、後々考えたら「ヤバいぞ!」って(笑)。

    鈴木(こ):終わった後、号泣してたんですよ。

    汐咲:ビックリしちゃって。

    坂元:「スゴい!」って思いましたね。

    青葉:私も「言えたのがスゴい!」って思った。覚えきれないもん。

    坂元:きっと、パニックになるよね。

    鈴木(こ):真っ白になっちゃいそう。

    青葉:ちゃんと早口で全部言ったもんね!?

    汐咲:出だしが遅れたじゃん。終わりのタイミングは合わせなきゃと思って。言い切って、「あれっ、私が今言ったのかな?」くらい本当にビックリした。

    ――横の方から見てましたが、結構ノリノリで言ってましたね。

    鈴木(こ):可愛かった!

    汐咲:「ザ☆ピ~ス!」をやりますっていうのは言われてたから、ずっと聴いてたんですよ。で、「このセリフは誰が言うのかな?」「可愛いな」ってずっと思ってて。本番でも、「誰が言うのかな?」って思ってたら、「まさか、自分が言うことになるとは思わなかった!」みたいな。

    鈴木(み):撮ってもらった写真も、すごい良い笑顔で写ってた。

    青葉:めちゃくちゃ笑顔だった。

    汐咲:良かった! いい思い出です。セリフも言わせてもらえたし。会場全体で「ワッショイ!」って!!

    ――みんなで「ワッショイ!」をやったから、印象に残って岡井ちゃんもマイクを渡してくれたんじゃないですか?

    汐咲:かもしれないですね。「ワッショイ!」の印象が強かったかも。もう、岡井ちゃん推しになりました(笑)。

    一同:チョロい!チョロい!

    ■ FES☆TIVE、フィナーレで埋もれなかった!

    ――リーダーはもちろん、FES☆TIVEにとっても、とてもいいフィナーレになりましたね。

    鈴木(こ):フィナーレって、列が決まってるんですよ。私たち、去年はもっともっと後ろの方だったんです。で、「今年はもっと前に行きたいね」って言ってて、ちょっと前に行けたんですよ。しかも、真ん中辺にいられて。きっと、そういうのも証を残せた理由の1つになってると思います。

    坂元:去年より成長できてたってことで。

    青葉:もっと埋もれてたもんね。

    鈴木(こ):埋もれてた。

    青葉:今年は前が見えてた。

    鈴木(こ):そう、去年は「タオルしか見えなかった」って、いろんな人に言われたんですけど、今年は顔も見えたと思うので。FES☆TIVEをアピールできて良かったです!

    ――去年や一昨年と比べて、違いを感じましたか?

    坂元:ステージ数も増えたし、時間帯とかもトリとかトップバッターとか、大事なところで出させてもらって。最初が勢いないと次に続かないし、トリも最後にちゃんと締めないとっていう、そういう大事な役割りをFES☆TIVEに託してもらえて、本当に嬉しかったです。あと、「HOT STAGE」っていうずっと目標にしてた1番大きなステージに出られたり、そういうのがすごい嬉しかったし、去年や一昨年よりちゃんと成長できてるなって実感できました。

    鈴木(こ):一昨年が終わった時に「来年('16年)は全部の日程に出たいね」って言ってて、去年は「来年('17年)は『HOT STAGE』に出たいね」って言ってて、どっちも叶えられてるんですよ。まず、そこが嬉しかったですね。あと、「TIF」って「HOT STAGE」に出られる人もいれば、出たいけど出られない方もいるわけじゃないですか。その中で出させてもらえてるっていうのはすごい大きい事だし、自分たちがそこまで来られたんだなっていうのを実感して、さらにそのステージに立ち続けられるグループでありたいなって思いました。

    ■ 次の舞台は「@JAM EXPO 2017」

    ――そして、8月26日(土)、27日(日)には「@JAM EXPO 2017」(神奈川・横浜アリーナ)もありますが、楽しみにしてる事ってありますか?

    鈴木(こ):コラボが楽しみ。

    汐咲:らぶどる(愛乙女☆DOLL)さんとFES☆TIVEがコラボするっていうのは発表されてて、それ以外もいろいろあって。私は、アイルネ(アイドルネッサンス)さんの「17才」を歌わせてもらうコラボに出ます。9月7日(木)が誕生日で、まだギリギリ17歳なので、17歳最後の素敵な思い出にできたらいいなって思ってます。

    一同:すごい!

    鈴木(こ):まだ17歳なんだ…。

    汐咲:セブティーンです!

    桃原:素敵な17歳にしてね。

    汐咲:「ストロベリーステージ」でやるから、楽しみです。

    鈴木(こ):私はでんぱ組.inc・古川未鈴さんの“センターになりたいけど、なれない子”のコラボレーションに出させてもらいます。頑張るので、ぜひ見にきてください!

    ――すごいコンセプトのコラボですね。

    鈴木(こ):そうなんですよ。Twitterで募集してるのを見掛けて、すぐスタッフさんに「これ、できますかね?」って聞いて、「やってみようよ!」ってなって、無事に出ることになりました。

    真野:私も17歳になったから、17歳コラボ出たかったんですけど…れーあちゃんとね。

    坂元:腕相撲対決してね。

    鈴木(み):結構、どっこいどっこいだったよね。

    汐咲:腕相撲対決で左腕を負傷しました。

    坂元:それで勝ち取ったんだもんね!?

    汐咲:勝ち取った傷が(笑)。

    ――負傷してまで勝ち取った17歳コラボですね。

    真野:まだ痛み、残ってる?

    汐咲:まだ痛いよ(笑)。

    鈴木(こ):コラボももちろんですけど、やっぱりFES☆TIVEの1つ1つのステージも見てもらいたいですね。横浜アリーナでライブするのは初めてで、大きい会場でたくさんの方が集まると思うから、ちょっとでもFES☆TIVEの曲とメンバーを覚えてもらえるように頑張りたいです。

    坂元:「TIF」でいろいろと反省点も見つかって、「TIF」の後の大きなステージが「@JAM」だから、反省を生かしたいです。煽りとかもたくさん勉強して。

    青葉:去年は正直、初めての「@JAM」で全部のステージにそんなに人が集まらなかったって、自分的に思ってて。

    坂元:うん。いろんなステージが同時進行だから、優先順位を上げてもらえるようにしたいね。

    鈴木(こ):大きいフェスは、どのアイドルさんも気合を入れてくると思うので、私たちも負けずに、さらに気合を入れて挑みたいと思います。

    ――東京ドームのイベントなどに出られているので、横浜アリーナの大きさに委縮することはなさそうですね。

    一同:いやいやいや!

    汐咲:横アリの「ストロベリーステージ」って、アイドルフェスのステージでは大きい方みたいなことを聞いたよ。

    坂元:ステージが大きいから、自分たちのパフォーマンスも、ステージに負けないようにしないと。スケールの大きなパフォーマンス!

    桃原:「TIF」でもそうだったけど、FES☆TIVEを名前だけでも知ってくれてる人は去年より増えたと思うから、「名前だけ知ってて、初めて見た」とか「見たことはあるけど、これがFES☆TIVEなんだ!」っていう人たちにも見てもらって、そこでファンになってもらえたらいいなって思います。

    ■ ひなりんがプレッシャーに感じている事とは?

    ――知名度も上がってる感じがしますね。

    青葉:逆に、知名度が上がってきたからこそ、めっちゃ怖いなっていうか、「ここで頑張らないと!」と思ってて。フライヤーとかを配りにいった時とか、前より「FES☆TIVE? 知ってるよ!」みたいな人が多くなってきたんですよ。今までは「知らないから見てみよう」ってなってたのが、知ってるってことはライブを見たことがあるかもしれないじゃないですか。それでFES☆TIVEのライブにそんなに来ないっていう…何て言うのかな? 言ってる事、分かります?

    鈴木(こ):分かった!

    青葉:説明して(笑)。

    鈴木(こ):FES☆TIVEを知ってくれてて、1回くらいステージを見たはずなのに、FES☆TIVEのライブに来てないってことは、そこまで心に来るモノがなかったから通ってないんだと思うんです。

    青葉:“知名度が上がってる”ってことは、“チャンスが減ってきてる”っていうことにもなるかなって。

    鈴木(こ):1回見て微妙だったら、もう1回行こうってなかなかならないから。

    坂元:本当、1回1回が大切だよね。

    青葉:フライヤー配った時に「知ってるよ」って言われると「えっ、知ってるの?」って、ちょっとドキッとしちゃいます。

    ――プレッシャーにもなってるんですね。

    青葉:そうなんです。

    ■ こっとん、みんなでスイカ割りができて喜ぶ!

    ――ちょっと話題を変えて…楽しい夏を送れてますか?

    桃原:充実してます!

    真野:逆に充実し過ぎてて、1つのライブが終わっちゃうたびに「あと何回しかない!?」とか、ちょっと悲しくなってきちゃいます。

    ――この夏、印象的だった事はありますか?

    鈴木(こ):スイカ割りをしました!

    鈴木(み):したね!

    ――Twitterに上がってた画像ですね。

    鈴木(こ):そうです! 実は去年もやったんですけど、その時は私1人でやって。

    坂元:私はスイカだけ食べました(笑)。

    鈴木(こ):そうそう! 今年はみんなでやれて楽しかったです。

    青葉:今年の夏は、スイカが食べられるようになったんですよ! 今まで苦手で食べられなくて。でも、この前おばあちゃんが出してくれた時に、やっと食べられました。初!

    鈴木(み):キュウリとかも苦手だもんね。

    青葉:キュウリ、スイカがダメ。シャキシャキ系がね。

    ――桃原さんもスイカがダメなんですよね。

    桃原:食べられないんですよ。家でスイカ作ってるんですけど、食べられないから全然消費できなくて(笑)。

    鈴木(こ):桃ちゃん家のスイカ、美味しかったよ。

    汐咲:持ってきてよ。

    鈴木(み):メンバーが食べるよ。

    ――スイカのどの辺が苦手なんですか?

    青葉:青臭さ?

    桃原:食感も!

    青葉:分かる! あおばはリンゴも苦手だった。

    真野:私は今日の朝も食べたよ、半玉くらい。

    鈴木(み):えーーーっ!?

    ■ 夏の締めくくりはワンマン? れいあんの生誕祭??

    ――残りの夏、やりたい事ありますか?

    白石:夏の締めくくりはワンマンですね!

    坂元:FES☆TIVEの夏はワンマンまで続くから。

    青葉:ワンマン終わっちゃったら、ちょっと悲しくなるね。

    坂元:寂しくなるね。

    汐咲:みんな、れーあちゃんの生誕があるから悲しくならないで。こういう人がいるから、ちょっと怖いのよ。

    坂元:みんな、終わりーって?

    青葉:終わってない、始まろう!

    坂元:セブティーンの締めくくりに、ワンマンを!

    青葉:れーあちゃん、もうアダルティーだよ。18禁だよ(笑)。

    【ワンマンへの意気込みは8月25日(金)朝6:00アップ予定】


    【関連記事】
    FES☆TIVE・ひなりん、「東京アイドル戦線」テーマ曲起用で夢がかなう!
    虹のコンキスタドール、ワンマンでの重大発表でファンを喜ばせる!
    【TIF】FES☆TIVE、“大ワッショイ!”に石川梨華のセリフ…「TIF2017」で爪痕を残しまくる
    【TIF】虹コン×FES☆TIVE=“虹のワッショイドール”が夏の夜に「シダレヤナギ」を歌う!

    0 0

    8月11日(金・祝)~13日(日)にかけて東京ビッグサイトで開催され、総来場者数50万人を記録した「コミックマーケット92(略称:コミケ92)」。同イベントを取材し、撮影させてもらったコスプレ美女たちの写真を、全5回に分けて連載形式で紹介します。

    「グランブルーファンタジー」のリーシャに扮する木葉さん

    第1弾で紹介するのは、人気ゲームのキャラクターに扮したコスプレイヤー。「ストリートファイター」シリーズのポイズンをはじめ、「ニーア レプリカント」のカイネ、「BLAZBLUE」のノエル=ヴァ―ミリオン、「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」のゼシカなど、さまざまなタイトルのヒロインたちが勢ぞろい!

    また、スマートフォンゲームでは「グランブルーファンタジー」が人気で、通常の衣装だけでなく、水着バージョンの衣装で参加するレイヤーの姿も。その他にも「グリモア~私立グリモワール魔法学園~」や「Tokyo 7th シスターズ」など、大ヒットタイトルのキャラクターに扮する美女たちが続々駆けつけ、コスプレエリアは3日間とも、大にぎわいとなりました。

    コミケ92が終了し、一段落ついた感のあるコスプレイベントですが、9月以降も「東京ゲームショウ2017」(9月21日~24日 幕張メッセにて開催)や、「池袋ハロウィンコスプレフェス2017」(10月28日・29日 池袋東口エリアにて開催)など、大型イベントは続々控えています。はたしてこれらのイベントでは、どのようなコスプレに人気が集中するのか?気になる人は会場まで足を運び、自身の目で直接確かめてみてはいかがでしょう。【取材・文=ソムタム田井】


    【関連記事】
    【コスプレ20選】美人コスプレイヤー総まとめ!コスプレサミット2017を沸かせたセクシー美女たち
    【コスプレ20選】セクシー衣装のコスプレ美女も参戦!ゲームヒロインが集結したコスプレサミット2017リポート
    【コスプレ20選】美人コスプレイヤー競演!人気アニメ&ゲームヒロインたちがコスプレサミット2017に大集合

    0 0

    武井咲が“悪女”役で新境地を開拓しているドラマ「黒革の手帖」(毎週木曜夜9:00-9:54テレビ朝日系)の撮影現場に、主題歌「聖域」を手掛けた福山雅治が激励訪問し、着物姿の艶やかな武井と初対面した。福山は「差し入れでございます」とほほ笑みながら武井に優しく花束を差し出し、ドラマの感想や主題歌制作時のエピソードを語った。

    【写真を見る】福山雅治は武井咲に「あれだけ押されると、もう(付き合っても)いいかなって思ったりしないの?」と直球質問/(C)テレビ朝日

    大きなヒマワリの花束を抱え、クラブ「カルネ」のセットに登場した福山は盛大な拍手に迎えられた。この日が福山と待望の初対面だった武井は「うれしいです。やっとお会いできました」と感激していた。

    一方の福山も、着物姿の武井を見て「本物の元子だー、って感じ。ドラマの中では“夜の銀座のスーパースター”なので、現実の人でありながらも、そうでないような…」と、武井の佇まいに感動。実際に「カルネ」のセットでソファに腰掛けた福山は、テーブルの上にあった「カルネ」のロゴ入りマッチなどを興味深そうにチェックする場面も。

    さらに出来上がったばかりというドラマ主題歌「聖域」のCDも武井に進呈。楽曲制作の際には、「黒革の手帖」のヒロイン“原口元子”という女性をイメージして作ったと明かす福山は「美しく、したたかで強い女性なのだけれど、どこか弱いところもある。武井さんが実はこんな女性だったら素敵だな、と妄想しながら(笑)書いたんです」と語る。

    「回を追うごとに元子とシンクロしていく武井さんの姿もこのドラマの魅力の1つ」と話し、「これは元子だけの戦いじゃなくて、武井さんの戦いでもありますよね」と、役に真摯に向き合う武井をねぎらった。

    「福山さんの色っぽさに撃たれた」と初めて「聖域」を聴いたときの印象を語る武井。「今回、役に入る前にすごくプレッシャーがあったのですが、福山さんの曲はそんな私をバックアップしてくれるかのように、元子の“輪郭”を見せてくれました」と感謝し、ドラマになくてはならない存在であることを明かす。

    ちなみに福山は、ドラマも毎回楽しみに見ているそうで、アクの強い登場人物たちの中でも特に高嶋政伸演じる大手予備校の理事長・橋田常雄の動向が気になるそう。

    ドラマファンならではの感想で、福山が「あれだけ押されると、もう(付き合っても)いいかなって思ったりしないの?」と武井に尋ねると、「最終回まで本当にしつこいんですよ(笑)」と、武井は高嶋の“怪演”ぶりが話題の“執念の男・橋田”との今後についても言及した。

    なぜか「橋田のことをだんだん応援したくなる」と話す福山は、「周りにいる真矢ミキさん、仲里依紗さんといった女性陣もどこで牙を剥いてくるか分からないので、それも楽しみです」と、期待を口にした。

    そして武井も「これまで元子が倒してきた人物たちが復讐(ふくしゅう)にやってきます。皆さんの予想も大きく裏切る展開が待っていますので、ご期待ください」と終盤の見どころを語りつつ、多忙な中“陣中見舞い”に来た福山に「今度は私が福山さんのラジオにお邪魔したいです!」と感謝するとともに、意外な約束を交わしていた。

    福山も動向が気になっている橋田が今後どんな手を使うのかも見ものな「黒革の手帖」。第6話では、長谷川庄治(伊東四朗)から銀座の最高峰クラブ「ルダン」を買い取る準備を整えた元子は、手付金の5千万円を現金で支払い、売買契約書を交わす。

    長谷川との商談を終え、自宅に戻った元子のもとに中岡市子(高畑淳子)が現れ、楢林謙治(奥田瑛二)から奪った金を返すよう迫る。「何の話だかさっぱり」といつもの調子でとぼける元子に、「あなたが破滅する前にまた来ます」と言い残し、立ち去る市子。

    黒革の手帖の眺め、「私は破滅などしない」と自分に言い聞かせる元子だったが、そんな自信を打ち砕くかのように驚がくの事実がもたらされる。先日、橋田理事長から奪ったはずの料亭「梅村」の名義が、元の持ち主である“梅村キミ”に書き換えられているという。

    慌てて橋田に詰め寄った元子は、思いもかけない事実を知らされることに。さらに追い打ちをかけるように、元子の自宅に何者かが侵入したようで、荒らされていた。これまで、すべてが順調に進んできていた元子の頭上に初めて暗雲が立ちこめる…。


    【関連記事】
    山村紅葉「母親を思い出しながら演じました」やり手女性社長役で黒川智花と“母娘”に
    武井咲「“嫌われてもあまり気にしない”というところに共感」
    内藤理沙「黒革の手帖」で念願の悪女デビュー!「今までにない“内藤理沙”を見て」
    江口洋介も武井咲を絶賛!「女優としての魂が燃えているよう」

    0 0

    井上真央が、10月スタートのカンテレ制作・フジ系ドラマ「明日の約束」(毎週火曜夜9:00-9:54)で主演を務めることが分かった。

    【写真を見る】ことし30歳を迎えた井上真央が、ヒューマン・ミステリー作品で主演に!

    同ドラマは、井上演じる高校のスクールカウンセラー・藍沢日向が、ある不登校の男子生徒の不可解な死の原因を究明していくヒューマン・ミステリーだ。

    さらに、“毒親”とも言える過干渉な母親とのいびつな関係に悩んで育ってきた日向は、生徒の死からさまざまな問題と向き合い、人の心の闇と対じしていく中で、日向なりの“親子のカタチ”を導き出していく。

    「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(2016年、フジ系)で、波瑠演じる比奈子の特異な体質や複雑な心境を細やかに描いた古家和尚が脚本を担当。オリジナル脚本となる本作では、学校での陰湿ないじめや、過干渉な親を持つ子どもの苦悩などを描いていく。

    2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」(NHK総合ほか)以来の連ドラ主演となる井上は「親子の関係をじっくり描けるような作品をやってみたいと思っていたので、お話を聞いた時はうれしい気持ちと同時に、繊細で難しいテーマを扱うことへの責任を感じました」とコメント。

    さらに「時代を象徴させるような学校の問題と、親子関係という普遍的なテーマを元に、同じような悩みを抱える方たちにそっと寄り添えるような作品にしていきたいです」と意気込みを語った。


    【関連記事】
    櫻井翔、初めての校長役クランクアップ!「充実した日々でした」
    浅田次郎の名作を田中直樹×柄本明で連続ドラマ化「プリズンホテル」
    伊勢谷友介が民放連続ドラマ初出演で悪役に!「悪者顔しているのでおそらくハマるのでは(笑)」
    日テレ「シンドラ」第2弾は“一人芝居”、難役に挑む若手俳優は誰!?

    0 0

    映画「ナラタージュ」(10/7土公開)の完成披露試写会が23日、都内で行われ、松本潤、有村架純、行定勲監督が登壇した。

    【写真を見る】映画のタイトルと松本潤の名前をダジャレにしたケーキが登場!

    主演の葉山貴司を演じた松本は、「最初、脚本を読んで戸惑いもありました。葉山の描写が少ないので、どのように演じていいのか、わからなかったんですが、行定監督に話を聞きに行ったときに、素敵な言葉を伝えてくれて。それを聞いて撮影が楽しみになりました」と台本を読んだ感想を告白。この日、黒のスーツ姿でキメた松本の姿に、行定監督は「(役の中の松本は)今日とは全然違うよね。今日は嵐の松本潤という感じ。葉山先生はもっと親近感があるもの」とツッコミを。松本は「普段が親近感がないみたいじゃないですか!」と監督に返し、会場の笑いを誘っていた。

    また、スタジオには8/30に誕生日を迎える松本のために、「ナラタージュ」と「松本潤」をかけた、“ナラタージュン”ケーキが登場。松本は「まさか、タイトルと僕の名前ギャグができるとは(笑)」と苦笑い。照れる松本に、有村は「お誕生日おめでとうございます。34歳も松本さんにとって素敵な一年になるよう願っています」と祝福コメントを寄せた。


    【関連記事】
    「大好きだよ、カホコ」で大反響の「過保護のカホコ」が今週も上位に!【視聴熱】8/14-20ウィークリーランキング
    山下智久が「VS嵐」プラスワンゲストに登場で大歓声
    大野智、自分の太ももを触って「うわっ!ダメだ!」
    坂口健太郎が有村架純を抱きしめる…!『ナラタージュ』場面カットが解禁

    0 0

     岡田准一は第38回日本アカデミー賞において、最優秀主演男優賞・最優秀助演男優賞をW受賞した、これは男優賞として史上初の快挙である。同スピーチでは、「映画人と認めていただけて、ありがとうございます」と涙で声を震わせた姿が印象的だった。以後、映画人の名を邁進し、話題作への主演を果たし続けている。このほど公開される映画『関ヶ原』では、才ある武将の石田三成を気品と重厚感を漂わせ演じきった。魅力的に人物を演じる秘策を聞けば、台本を「飽きるくらい」読み、自分を「おかしくなるほど」ギリギリまで追い込んでいると言う。映画人を地で行く岡田の覚悟と挑戦の日々を聞いた。

    【関連】映画『関ヶ原』フォトギャラリー

     「黒澤映画を撮っているみたいだった」と岡田が興奮を伝える『関ヶ原』は、司馬遼太郎による同名小説の映画化で、原田眞人監督が構想25年という膨大な月日を経て手がけたスペクタクル歴史ロマンだ。石田三成と徳川家康(役所広司)という2人の名将を、彼らを取り巻く人物たちの攻防や葛藤を詳細に描きながら、やがて天下分け目の合戦である関ヶ原の戦いに行きつくまで、ど迫力の映像で一気に見せていく。

     石田三成と言えば、切れ者である反面冷たい、融通が利かないといった硬いイメージが先行するが、岡田が演じた三成は、そうした面もありながら純粋で義に厚いキャラクターに仕上がっている。岡田は、「これまでの作品に出てくる三成は、脇役で出てくることが多いので、どうしても性格に難があるところが取り上げられますし、敗戦の将なのでよくは描かれないことが多いですよね」と分析しつつ、「主演なので、ちょっと人間らしく義というまっすぐさと、まっすぐであるがゆえの性格の悪さを出したかったんです(笑)。石田三成ファンにも許される人物にはしたかった」と、人物像形成までの心境を語った。

     原田監督がエキストラ総数3000人をも投じて撮り上げた合戦のシーンは、馬上カメラ、ドローンによる空撮という視覚の面白さと、演者たちの気迫に満ちており、圧巻の一言。数々の撮影現場をくぐってきた岡田をもってしても、『関ヶ原』の撮影は「もう、幸せな現場だった」と格別さをあらわにする。「スケジュールや予算面の兼ね合いもあるので、司馬さんの『関ヶ原』はまるで聖域と言いますか、スタッフがやりたくてもできなかった作品だったと思うんです。それを撮影するという企画は僕にもスタッフたちにとっても夢で、『俺たち“関ヶ原”撮ってんだよ!最高のものをつくりたいんだ!』っていう雰囲気のある現場でした」と嬉々として伝えてくれた。

     身震いするほどの多幸感と同じくらい、大作の中で頭を務めるという、想像を絶する重責を担うのが岡田の役割でもある。「台本は何回も飽きるくらい読んで、どうしたらいいかわからなくなるほど読んだぐらいが、やっぱりよくて。それで、…たまにですけど、何か心情的に耐えられなくなるときがあるんです」と、人知れぬ思いを吐露する。

     「夜、寝られなくて、身体が泣いているみたいに、ちょっと散歩しないと耐えられないなっていうときがくる作品を、僕は何回か経験しているんです。でも、そうなると調子がいいというか、割と褒められることが多くなったりします」。そうした逼迫するような想いの作品は「たまにしかない」と言う。「そういう意味では、『関ヶ原』はそういう状態でのぞめたので、誇りを持っている作品です」。(取材・文:赤山恭子)

     『関ヶ原』は8月26日より全国公開。

    ■関連記事
    『関ヶ原』に出演する「有村架純」フォトギャラリー
    『関ヶ原』に出演する「東出昌大」フォトギャラリー
    東出昌大が屈辱の土下座! 『関ヶ原』謝罪ショット公開
    岡田准一主演『関ヶ原』、見つめ合う“石田三成”&“初芽”も描く新予告編解禁

    0 0

     現役音大生の新人タレント・みうらうみ(18)が、24日発売の『週刊ヤングジャンプ』39号(集英社)の巻末グラビアに登場。人生初の水着グラビアで、緊張しながらも白く透き通った美肌と弾けるような笑顔を披露した。

    【別カット】ビキニでキュートな笑顔を見せるみうらうみ

     みうらはこの春、大学入学を機に北海道から上京。「北海道でもちょこちょこ活動してはいたんですが、こっちで本格的にお仕事を頑張りたいと思って上京を決意しました」と明かし、意を決して水着グラビアに挑んだ。

     ちょっとギャルっぽいルックスに白い美肌、メリハリのあるボディ、色気のある表情とグラビアシーンで活躍できる素質はバッチリ。本人は同誌のオーディションをきっかけに羽ばたいた佐々木希に憧れており、「背が低いけど、ファッション系のモデルのお仕事をしたいです!」と豊富を語っている。

     同号にはそのほか、表紙と巻頭グラビアに女優の松田るか(21)が登場。センターグラビアには、ウエスト52センチという驚異的なクビレでグラビアシーンを席巻する川崎あや(26)が超絶ハイレグに挑戦した。

     同号の巻頭カラー漫画は、実写映画化が決定した迫稔雄氏の『嘘喰い』。


    【関連記事】
    【写真】カメラを見つめて…ヒップチラ見えのみうらうみ
    【画像】週プレで最強BODYを初披露したアンジェラ芽衣
    【画像】馬場ふみか×ONE PIECEのグラビア秘蔵カット
    【画像】『週プレ』初グラビアで初表紙!逸材・北澤るなの大迫力BODY
    【画像】『ヤンマガ』初グラビアで表紙に!輝く笑顔の小倉優香

    0 0

    フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでは映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のキャラクターとグリーティングができます。

    【写真12枚】『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』スター・ロード&グルート フォトギャラリー

    スター・ロードとベイビー・グルートと喋ることも!

    I am Groot.

    フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのディズニー・ハリウッド・スタジオではマーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のスター・ロードとベイビー・グルートがグリーティングを行なっています。

    作業台の上に乗った可愛いベイビー・グルート。

    スター・ロードと一緒にベイビー・グルートと話すことができます。

    「I am Groot.」としか言いませんが。

    カリフォルニアでは大人サイズのグルート

    さらに、カリフォルニア ディズニーランド・リゾート、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークでは、大人サイズのグルートとグリーティングができます。

    新アトラクション「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト! 」の前にやってきたグルート。

    見上げてしまうほど大きなグルートは優しくハグしてくれます。

    こちらのグルートも会話可能!

    やっぱり「I am Groot.」としか言いませんが。

    協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル
    As to Disney artwork, logos and properties: ©︎Disney


    【関連記事】
    【海外ディズニー】タワー・オブ・テラーが完全リニューアル! 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト! 」でノリノリのフリーフォールを楽しもう
    女子にこそ見て欲しい!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』がカワイイ理由
    とびっきり可愛いダッフィー&フレンズに熱視線♪「ステップ・トゥ・シャイン」マニア目線徹底レポ
    【ディズニー】知らなきゃ損する「ファストパス」の効率良い取り方&活用法10
    ディズニー感動のナイトショー「ワールド・オブ・カラー」特等席&豪華レストランの贅沢セット「ダイニング・パッケージ」利用ガイド

    0 0

    つらい片思いに悩んでいる女性はいませんか?

    男性が「恋愛対象外」の女性と恋に落ちたパターン4つ

    片思いがつらいということは、自分には好意が向かないと勘付いてしまった、あるいは相手を想う気持ちに自信がなくなってしまったパターンに多いのかなと思います。

    それこそ、相手に好きな人ができたり、すでに付き合っている人がいたりする場合は、諦めなければいけない気持ちが強くなってしまいますよね。

    今回は、そんな片思いのつらさをやわらげる方法を考えてみました。

    片思いの心労を減らすには

    片思いのつらさをやわらげるには、まず「片思いの心労を極力減らす」方法がオーソドックスです。

    普段から相手のことばかり考えていては体に毒。仕事に打ち込んだり、プライベートで趣味を楽しんだり体を動かしたり、友達に相談に乗ってもらったりしながら、うまく自分の気持ちを切り替えて、コントロールしましょう。

    これは比較的どんな片思いの状態でも適応できる方法になります。

    相手が自分の気持ちに気づいておらず、遠くおよび近くから見ている状態の片思い。 はたまた、相手がそれとなく自分の行為に気づいていたとしても、いまの関係を崩したくない。

    そのためなるべく彼の前では、平静を装うように振る舞っている女性も多いのでは?

    好意を見せない方が自分のため?

    男性も大人になれば異性の好意に敏感になってきます。

    見るからに好意を見せつけてしまうと、「ああ、好きなんだな~」と思いながらも興味が向かず、反応に困ってしまうパターンが多いのではないかなと思います。

    彼にはあからさまな好意を見せず、一緒に飲んだり趣味を通じて、距離を縮めることを意識しながら、様子見ができるのが最善策になりそうです。

    相手と距離を置く

    アプローチをしても、彼がやっぱり友達、同僚としか見られない場合、あるいは、彼に好きな人ができた場合は、「相手との距離をしばらく置く」ことが、同じく片思いのつらさをやわらげる手立てになるでしょう。

    脈ナシの相手のことばかり考えていると、どんどんしんどくなってしまいますからね。

    気持ちの整理をしながら、「どうしても彼じゃないとダメなんだ」と思うのであれば、頑張れるところまで頑張ってみるのもアリだと思います。

    ただ、恋愛は相手への思いを断ち切らないと、なかなか次に進めないもの。彼への思いは一旦心に閉まっておいて、迷いながらでも次の出会いに方向転換をすることも大事です。

    彼への気持ちを整理する

    相手と距離を置くことで、気持ちの整理がついて彼への思いを諦める、というスイッチも入れやすくなります。

    相手への思いを手放した時、新しい素敵な出会いは必ずやって来ます。

    彼のことがどうして好きなのか。自分にとって彼はどういう存在なのか――。

    好きという以外の理由を考えてみると、気持ちの整理が少しつきやすいかもしれません。

    思い切って告白もアリ

    自分のいまの状態をハッキリさせたいなら、彼に思い切って想いを告げる方法もアリかもしれません。

    ですがこの場合、告白して相手との関係が変わってしまうリスクがあります。理想なのは、お互いに相手の気持ちに気づいていて、告白をすることでお互いがスッキリするパターンです。

    思いを告げぬまま過ごすというのも、彼への気持ちがずっと諦められない状態になってしまいかねません。

    そうしたことを踏まえて、彼への告白のアリナシを考えてみてみては?

    片思いはつらいことも多いですが、恋が自分を成長することも大いにあります。

    あまりにも相手にのめり込んでしまって、気持ちが煮詰まってしまった時、悩んでしまった時は、こんな考え方も意識してみてくださいね。

    (ライター/柚木深つばさ)


    【関連記事】
    男性が「恋愛対象外」の女性と恋に落ちたパターン4つ
    【片思い】相手に自分のことを意識させる“最強の質問”って? 恋愛に発展する3つの行動
    LINEメッセージから「気になる彼の“気持ち”を読み取る」方法
    男性を“コロッ”と惚れさせてしまう、女子の「魔法の言葉」4つ
    完全脈ナシ!? 男子が「気のない女子」にだけ言う3つのセリフ

    0 0

    塾や習い事よりお金が掛からず、自宅で簡単に取り組める自宅学習教材が注目を集めています。

    東大合格者も実践済み!? 学力アップ&片付け上手な子になるカギは「リビング学習」

    自宅学習教材といえば、通信教育の会社が出している定額制のものや、書店で売られている学習ドリルまでさまざまな種類がありますが、子どもがいる家庭であれば一度は購入したことがあるのではないでしょうか。

    そのような自宅学習教材ですが、子どもにあれこれと買い与えてみたものの、どれも続かず本棚が教材の山となり悩んでいるママは少なくありませんね。

    どの教材なら子どもが飽きずに取り組んでくれるのか。

    実は子どもが飽きずに自宅学習教材に取り組むためのコツは、どんな教材を与えるのかよりも、自宅学習における環境改善にあることが、ママ達へのインタビューで分かりました。

    もうこれ以上無駄にはしたくない自宅学習教材。どのような環境に改善すれば、子どもが続けてくれるようになるのでしょうか。そのコツについてお伝えします。

    1: 問題選択が重要!成功体験を積ませてあげよう!

    子どもの勉強に対する親の願望は「難しい問題もスラスラと解けるようになって欲しい」というものですが、そう思えば思うほど子どもに難しい問題をやらせてしまいがちです。

    例えば、基礎もできていないのに発展問題をやらせたり、学校よりも進んだ範囲の勉強をやらせたりといったように、スラスラ解くとは程遠い行動に出てしまいます。

    その行為は子どもにとっては苦痛でしかなく、苦痛な勉強が続くわけもありません。

    だったらその逆を考え、スラスラ解けそうな簡単な問題をやらせ続け、「できた!」という成功体験を積ませてあげた方がよっぽど子どものためになると話すのは、小学校2年生の男の子を持つNさん。

    Nさんは自宅学習教材として市販の学習ドリルを選択し、毎日2枚を子どもにやらせているそうですが、未だに1年生の範囲をやらせていて、スラスラ解ける問題ばかりをやらせていると言います。

    既に2年生であることから、1学年遅い内容の問題をやらせることに最初は抵抗がありましたが、「低学年は基礎が重要」「子どもにあった問題をやらせることが重要」だと先輩ママから教わり実行しています。

    その結果、自力でスラスラ解け正答率も高く、それにより達成感を得られているせいか、嫌がらず毎日決めた量を難なくこなしていますとNさん。

    子どもにとって「できる!」という体験は楽しいもので、繰り返したくなるものです。

    このままずっと簡単なものをやらせ続けるのは良くありませんが、特に子どもが小さなうちは簡単な問題を選択し、成功体験を積ませてあげることが大切ではないでしょうか、とNさんは言います。

    成功体験の積み重ねが、この先もずっと飽きずに続けさせるコツなのでしょうね。

    2: 親の見守り学習!一緒に学ぶ姿勢が重要です

    リビング学習が注目を集めていますが、なぜリビングでの学習が子どもにとって良いと言われているのでしょうか。

    それは子どもの学習に目が届き、分からない時もすぐに聞ける環境が子どもにとっては学ぶ上で良いからです。

    ではリビングに一緒にいて、子どもに勝手に学ばせているだけで良い成果は出るのでしょうか。それだけでは出ませんね。親も子どもの勉強に関わることが重要だと話すのは、小学校1年生の女の子を持つIさん。

    Iさんは上の子を都内の有名私立中学に入学させた親でもあり、上の子の経験から、いつも子どもをリビングで勉強させ、自分も必ず横に座り、一緒に問題を解いているといいます。

    つまずいている時には、生活で起こる身近な事例を出しながら分かりやすく説明し、自力で答えが出せるよう導いているそうです。

    ポイントは「楽しく解く」ということです。大人も同じですが楽しくなければ長続きしませんよね。親子で一緒に考えながら楽しく学習できるよう心掛けているそうです。

    しかしそんなことを続けていたら、親がいなければ勉強しなくなるのでは、という心配も起こるでしょう。

    確かにそのような心配もありますが、幼い頃に大切なのは、楽しい学習習慣を身に付けることですから、その基礎を作る時期だけと考え一緒に勉強していますとIさんは言います。

    楽しく学ぶ習慣をつけることが、この先もずっと飽きずに続けさせるコツなのですね。

    3: ゲーム好きにはもってこい!タブレット勉強法!

    3度の食事よりもゲームの方が良いというくらいゲームが好きな子は男の子に多いですね。また女の子でも、スマホゲームに夢中になり、なかなか勉強が手につかない子はいるものです。

    そういった子にお勧めなのがタブレット教材だと話すのは、2年生の男の子を持つHさん。

    紙の問題ではすぐに飽きてしまい、ゲームやスマホなら夢中になれるという子であれば、タブレット教材が続けやすいと言います。

    タブレット教材は読んで字の如くタブレット上で学習をするもので、タッチペンを使いながら、押したり書いたりして解答していくものです。

    紙の問題では実現できないような、映像や音声を使いながら学習ができるため、勉強嫌いな子が夢中になりやすいと言います。

    教材によっては、勉強の最後にゲームができるようになっていて、ゲームしたさに頑張る子どもも少なくないとHさんは言います。

    ゲームやスマホ好きの子どもはもちろんのこと、どんな教材を与えても続かない子どもには、視力低下などの心配はありますが、思い切って紙からタブレットへ環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。



    今回は、自宅学習教材を飽きずに続けさせるためのコツを3つお伝えしましたが、どんな方法が子どもの学習意欲をかき立てるかは、子どものタイプにもよりますから一概にどれが良いとは言い切れません。

    飽きずに長く続けさせるためのポイントとして共通していることは、「勉強は楽しいこと」だと子どもが認識することです。

    そのためにはまず親として、子どものタイプや学習の習熟度、集中して勉強できる時間等をしっかりと理解することが先決であり、その上で子どもが楽しく勉強するための環境作りをしていく必要があります。

    学習習慣が身に付くまではママも大変ですが、低学年のうちに子どもにあった学習方法を見つけ、習慣化できれば後が楽になると言いますから手が抜けません。

    自宅学習教材をこれ以上無駄にしないためには、教材の種類ばかりに目を向けるのではなく、自宅の学習環境にも目を向け、子ども任せにせずママも努力することが大切ですね。


    【関連記事】
    東大合格者も実践済み!? 学力アップ&片付け上手な子になるカギは「リビング学習」
    スモールステップが大事! 子どもに「苦手なことを克服させる」コツ
    【習い事】先輩ママに聞いた!やらせてよかったもの&失敗エピソード
    「お金がない」口癖になってない?幸せなお金持ちに近づく”不安をなくす”考え方
    【お片付け】ブームの「収納マット」定番「収納ボックス」どっちが便利? 使いやすさを比較してみた

    0 0

     女優の松岡茉優が初主演する映画『勝手にふるえてろ』(大九明子監督 12月23日公開)の予告編&ポスタービジュアルが24日、解禁された。

    【動画】松岡茉優が歌う、泣く、叫ぶ 『勝手にふるえてろ』予告映像

     原作は、『インストール』、『蹴りたい背中』などで知られる綿矢りさ氏の恋愛小説。24歳まで片思いしか恋愛経験のないOL・ヨシカが、突然交際を申し込んできた会社の同期「二」との“リアル恋愛”に乗り切れず、“脳内片思い”を10年間続けている中学時代の同級生・イチと再会するために同窓会を計画する…というストーリー。

     ヨシカを松岡が演じるほか、二役で黒猫チェルシーのボーカルであり、役者・映画監督としても活動する渡辺大知、イチ役でダンスロックバンド・DISH//の北村匠海が出演。

     解禁された予告映像は、イチとニの間で揺れ動くヨシカが収められている。「1人に絞ります」と宣言したあと突然歌い出したり、泣いて、笑って、叫ぶ姿など、心の声を隠さないヨシカの恋の行方が気になる仕上がりになっている。


    【関連記事】
    【写真】バキバキに割れた腹筋を見せた松岡茉優とモー娘。
    【写真】ポニーテールで初々しい…5年前の松岡茉優
    【写真】ヨシカを演じるメガネ姿の松岡茉優
    松岡茉優の“2人の彼氏”に渡辺大知&北村匠海 映画『勝手にふるえてろ』キャスト発表 (17年04月13日)
    【写真】松岡茉優、憧れの先輩・宮崎あおいと13年越し初対面「涙が出そうに…」

    0 0

    俳優の竹内涼真が、8月24日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜22:00~)に出演し、失恋経験について言及する。

    ゲストがぜひ見てほしいVTR、写真を発表する「DXトップニュース!気になる〇〇を聞いてみた!させてみた!」のコーナーで、連続テレビ小説『ひよっこ』に出演して人気急上昇中の竹内は「声をかけられる事が多くなった。ウチの前で子どもたちが溜まっていたり……」とブレイク後の変化を明かす。朝ドラで共演した佐藤仁美は「こんなイケメンなのに女にフラれたって聞いて、すごい好きになったの」と竹内の失恋経験を暴露。さらに、隣に座っていた“尾木ママ”こと尾木直樹が、竹内にハグをお願いして大はしゃぎする一幕も。

    また、ゲストが自宅を撮影したVTR、写真を公開する「芸能人の自宅 ちょい見せカタログ」のコーナーで、竹内は自宅で飼っている大好きなオオクワガタを紹介。竹内にとってクワガタを世話するのが至福の時間だそうで、「ちょっと冷たくなるよ~」とハイテンションで話しかけながらクワガタに霧吹きをしている様子が映し出される。さらに、庭に植えた樹液が出る木にはたくさんのカブト虫が集まっていて、竹内は「揺らしたらバ~ッて落ちてくる」と昆虫好きにはたまらない環境に住んでいる事を明かす。

    竹内のほか、セレブモデルの藤井サチが、東京・渋谷の高級住宅地にある16LLDDKKの自宅を公開。藤井はバランススクーターに乗って広い自宅を案内するが、桁外れの豪邸に松本人志は「反感しか持たない」と苦笑い。浮世離れしたお嬢様の藤井は「ラーメンを食べる習慣がなくて……」とカップ麺もラーメン店も未経験と告白。その後、貧乏モデルの佐藤エリが昔住んでいた自宅の写真を公開するが、ボロボロの自宅を見た藤井は「呼吸して大丈夫なんですか?」と真顔で心配する。

    関連リンク
    ブルゾンちえみ、特別ネタ披露も松本人志「ディスられてる気がする」と苦笑い

    「なすを丸ごとドーン!」もこみちの大量消費レシピが話題『MOCO'Sキッチン』

    女装家・ブルボンヌが男性の姿で登場 指原莉乃も「清潔感ある」と絶賛

    番組公式サイト

    0 0

    お笑いタレントのブルゾンちえみが、8月24日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜22:00~)に出演。ダウンタウンと初共演を果たす。

    これまで、様々な有名人と「With B」を結成してきたブルゾン。今回は、ゲストがぜひ見てほしいVTR、写真を発表する「DXトップニュース!気になる〇〇を聞いてみた!させてみた!」のコーナーで、オードリーの春日俊彰、ウーマンラッシュアワーの中川パラダイスを従え、DX仕様のキャリアウーマンネタを披露することに。松本人志の筋肉をイジるネタでは、松本が「若干ディスられてる気がする」と苦笑いする一幕も。

    ゲストの家族や友人、マネージャーら、身内から横流しされた動画や写真を公開する「身内がリーク!THE横流し写真」はコーナーでは、ウーマンラッシュアワーの村本大輔のマネージャーが、村本からテレビ収録やライブ中に「俺がウケた所を全部メモしろ」と指示されているそうで、その証拠写真を提供する。村本は「後で見て、ここが良かったって確認するのが楽しみ。仕事をしたって思うんですよ」とその理由を語る。続いて、中川が村本に指示され、漫才をボイスレコーダーで録音し、ミスを確認している事を告白。すると村本は「1回、漫才中に再生ボタンを押して、ポケットから“はい、ど~も~”って……」と失敗談を明かしてスタジオに爆笑を巻き起こし、ここぞとばかりにマネージャーにメモを取るように指示する。

    このほか、酒グセが悪い事で有名な六角精児、佐藤仁美は初めて一緒に飲みに行ってトンデモナイ事態になったというエピソードを、映像を交えて紹介。六角が「潰してもらおうかな~」と佐藤を煽り、2人はハイペースで酒を飲み続け、次第におかしなテンションになっていく。佐藤はぶりっ子の女性やオードリーの若林正恭をディスり始める。その後、2人は嫌いな芸能人の話題で大盛り上がりに。VTRが終わると、佐藤は「よく飲むおじさんだなと思って……」と六角の飲みっぷりを認め、六角も「ペースが速い。ついていくのが大変でした」と佐藤の酒豪ぶりに驚いた事を明かす。

    関連リンク
    竹内涼真、失恋経験を暴露される!昆虫好きにはたまらない自宅も公開

    「なすを丸ごとドーン!」もこみちの大量消費レシピが話題『MOCO'Sキッチン』

    女装家・ブルボンヌが男性の姿で登場 指原莉乃も「清潔感ある」と絶賛

    番組公式サイト

    0 0

    俳優の梅沢富美男が、8月24日(木)19時から放送の『ぐるナイ!梅沢富美男ゴチ参戦!医者監修高級レストランで元気爆発2時間SP』(日本テレビ系)に出演。VIPチャレンジャーとして「ゴチになります!」に参戦する。

    「ゴチになります!」は、設定金額から最も離れた金額分の料理を食べてしまった人が負けとなり、全員分を自腹で支払うが、合計金額が設定金額と同額の場合は、ピタリ賞として100万円がもらえるというルール。これまでは1年間の支払総額で上位となったレギュラーメンバーがクビとなり新メンバーと入れ替わるシステムだったが、「ゴチになります!18」では、2人がクビになるという新ルールが採用され、より緊張感を持ったバトルが繰り広げられている。

    第14戦となる今回の舞台は、東京・虎ノ門の「医学会キッチン オーソモレキュラー」。メンバーとVIPチャレンジャーの健康にまつわる悩みを聞いて、それをもとにシェフが最適なメニューを作ってくれるという。

    また、バトルの中盤にはスペシャル料理をかけて「ブルゾンゲーム 残りのひとつって知ってる?」を展開。ブルゾンちえみが、答えが3つある問題を出題し、With Bが2つの答えを先に言ってしまい、残った1つを回答者が決め顔で答えられたらクリアとなる。果たして、誰がスペシャルメニューを口にするのか。また、今回の自腹は一体誰になってしまうのか。

    関連リンク
    【写真】梅沢富美男、ブルゾンゲームに挑戦!With Bと横並びに

    「なすを丸ごとドーン!」もこみちの大量消費レシピが話題『MOCO'Sキッチン』

    女装家・ブルボンヌが男性の姿で登場 指原莉乃も「清潔感ある」と絶賛

    セカオワの独特な作曲スタイルに密着『メアリ』主題歌の裏側とは

    番組公式サイト

    0 0

    8月24日(木)の22時50分からNHK総合で『きじまりゅうたの小腹すいてませんか? 第2弾』が放送される。同番組は、『きじまりゅうたの小腹がすきました!』(NHK総合、随時放送)で人気の料理研究家・きじまりゅうたが、突然、一般のお宅におじゃまして、冷蔵庫の中の残り物で“小腹をみたすメニュー”をアドリブで作るリアル料理ドキュメント&バラエティー。街行く人々に「小腹すいてませんか?」ときじまが声をかけていく。

    東京・赤羽の飲み屋街で出会ったサラリーマン2人連れには、飲み足りないという要望から「春雨とサバ缶のサプチェ」などヘルシーなおつまみを3品調理。作っている間に繰り広げられる、きじまとサラリーマンの漫才のようなトークも必見だ。

    また、悩みを抱える就活前の女子大生には、夢を後押しする応援小腹メシを創作。故郷の味を効かせた「おからトーストお好み焼き風」に舌鼓を打つ。

    関連リンク
    公式サイト

    0 0

    舞台『髑髏城の七人 Season風』に出演している松山ケンイチ、向井理、田中麗奈、岸井ゆきの、河野まさと、生瀬勝久が、8月24日放送の『VS嵐』(フジテレビ系列、毎週木曜19:00~)にゲスト出演する。

    番組初出演の田中は「すごくソワソワしています。天井の高さとか、観客の皆さんのライブ感とか。楽しみたいです!」とスタジオの雰囲気に大喜び。そんな中、大野智との思い出を暴露する一幕も。

    また、松山&向井のコンビが挑戦するクリフクライムでは、松山が珍プレイを披露。そして、2人が打って出る“無謀な作戦”にも注目だ。

    関連リンク
    松竹芸人が“芸能界の消したい人”4人の実名を告白

    スピードワゴン、生配信中に女子高生をマジ泣きさせる神対応

    有吉弘行、所属事務所の後輩芸人に「死刑」を宣告

    0 0

     松岡茉優が主演を務める映画『勝手にふるえてろ』から、松岡が泣き叫び暴れまくる姿を収めた衝撃の予告編と、松岡の強い視線が印象的なポスタービジュアルが解禁となった。

    【関連】「松岡茉優」フォトギャラリー

     『インストール』でデビューし、『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさによる妄想力爆発の恋愛小説を基にする本作。劇中では、24歳まで片思いしか恋愛経験のなく、趣味は絶滅した動物をパソコンでの調査というOL・ヨシカが、突然交際を申し込んできた会社の同期「二」(渡辺大知)との“リアル恋愛”に乗り切れず、“脳内片思い”を10年間続けている中学時代の同級生・イチ(北村匠海)と再会するために同窓会を計画する姿を描く。

     解禁となった予告映像は、テクノ音楽に乗せて、「えとうよしか、10月生まれ、B型、雪国育ち、一人っ子、彼氏なし、絶滅した動物が好き」という早口な独り語りから始まる。ラブコメなのに全く愛想がないヨシカの姿が映し出されたかと思えば、一転して乙女モード全開になり「イチ」への片思いを可愛く告白。さらにヨシカは、「イチ」のことを好きすぎて、ばれないように見つめたい一心から、視野の端で見る「視野見」という技を体得したと得意気に語る。

     そんな風変わりなヒロインの前に現れるのが、暑苦しい会社の同期の「ニ」。ヨシカは「俺と付き合ってください」という人生で初めて受けた告白に浮かれるものの、「イチ」と「ニ」の間で揺れ動く。一人に絞りますと宣言したヨシカは突然歌い出すが、果たして彼女はどちらの男性を選ぶのか? 泣いて、笑って、叫んで、心の声を隠さないヨシカの暴走する恋の行方は気になるばかりだ。

     さらに新キャストも発表となり、趣里、前野朋哉、池田鉄洋、稲川実代子、栁俊太郎、山野海、梶原ひかり、金井美樹、小林龍二、増田朋弥、後藤ユウミ、原扶貴子、仲田育史、松島庄汰が出演していることが明らかになった。

     映画『勝手にふるえてろ』は12月23日より全国公開。

    ■関連記事
    松岡茉優が登壇『カーズ/クロスロード』舞台挨拶フォトギャラリー
    「北村匠海」フォトギャラリー
    齊藤工×高橋一生『blank13』、父と息子の“距離感”を映す新ビジュアルが解禁
    松岡茉優、小学生プロレーサーにエール「チャンピオンになる日が楽しみ」

    0 0

     若手随一の実力を誇る女優の松岡茉優主演で、芥川賞作家・綿矢りさ氏の小説を映画化する「勝手にふるえてろ」の予告編と、松岡の潤んだ瞳が印象的なポスター画像が完成した。

    【動画】「勝手にふるえてろ」予告編

     映画は、恋愛ド素人のOL・ヨシカ(松岡)が、中学時代から10年間片思いをしている“イチ”(北村匠海)との妄想の恋と、突然告白してきた会社の同期“ニ”(渡辺大知)とのリアルな恋愛関係を、悩みながらも同時進行させる様子を描いたラブコメディ。大九明子監督がメガホンをとり、「放課後ロスト」「渚の恋人たち」に続き、松岡と3度目のタッグを組んだ。

     公開された予告編は、ハイテンションで中学時代の思い出を熱く語り出すヨシカの姿から始まる。満面の笑みで10年間抱いてきた“イチ”への捻じ曲がった恋心を披露するが、同僚から人生初の告白を受けると、それはそれで有頂天に。そこからは、脳内の彼氏か現実の彼氏かのどちらかに「絞ります」と宣言し、「(この恋)絶滅すべきでしょうか?」と胸の内を声高らかに歌い上げ、葛藤する複雑な乙女心を表現している。

     「勝手にふるえてろ」には、石橋杏奈、古舘寛治、片桐はいりも出演。12月23日から東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開。

    【作品情報】
    勝手にふるえてろ

    【関連記事】
    【動画】「勝手にふるえてろ」予告編
    松岡茉優主演「勝手にふるえてろ」12月23日公開! 主題歌は「黒猫チェルシー」が担当
    渡辺大知&北村匠海が松岡茉優の恋の相手に!「勝手にふるえてろ」追加キャスト発表

    (C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

    0 0

    先週末より公開され興収ランキング1位となった『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』は、「HiGH&LOW」プロジェクトの劇場版新作。このプロジェクトはEXILEのHIROが総合プロデュースを務め、EXILE TRIBEのメンバーがテレビドラマや映画に出演したり、音楽やライブツアーを実施するもの。5つのチームが拮抗する「SWORD」地区を舞台にした抗争を描く。

    テレビドラマは日本テレビ系列でシーズン1が15年10月〜12月、シーズン2が16年4月〜6月に放映された。16年には劇場版が公開。シーズン1の総集編『ROAD TO HiGH&LOW』が5月に2週間限定で公開。7月には『HiGH & LOW THE MOVIE』、10月には『HiGH & LOW THE RED RAIN』が公開。前者は興収21.1億円、後者は11.8億円をあげる大ヒットを記録した。

    EXILEをはじめ、三代目 J Soul Brothers、GENERATIONS、劇団EXILEなどから構成されるEXILE TRIBE。『HiGH&LOW』の他にも映画出演が増えている。

    そもそも映画界がEXILE TRIBEを注目するきっかけとなったのが、14年に公開された『ホットロード』。能年玲奈の相手役を登坂広臣が務め、24.7億円の大ヒットとなった。NHK朝ドラ『あまちゃん』で人気者となった能年だが、映画界では「登坂目当ての若い女性ファンが映画館に足を運んだことで大ヒットした」と見る映画関係者が多かった。16年には『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で高畑充希の相手役を岩田剛典が務め、22億円をあげた。

    今年に入ってからもEXILE TRIBEは映画界で引っ張りだこ。3月公開作『ひるなかの流星』で永野芽郁に恋心を抱くクラスメイトを白濱亜嵐が演じ、12億円をあげている。5月公開作『たたら侍』は劇団EXILEの青柳翔が主演。EXILE TRIBE が所属するLDHの映画部門が製作・配給を手がけている。6月末公開作『兄に愛されすぎて困ってます』では土屋太鳳の兄を片寄涼太が演じ、公開中の『東京喰種トーキョーグール』では劇団EXILEの鈴木伸之がグールを追う捜査官を演じている。

    EXILE TRIBEが映画界で存在感を高めているのは「お金を払う」熱心なファンが多いから。三代目 J Soul Brothersのアルバム『THE JSB LEGACY』(16年3月発売)は75万枚以上を売り上げ(日本レコード協会認定のトリプル・プラチナ)、2年連続でドームツアーを開催。GENERATIONSのアルバム『SPEEDSTER』(16年3月発売)は10万枚以上を売り上げ(ゴールド)、アリーナツアーを開催している。

    今後、10月公開『恋と嘘』に劇団EXILEの佐藤寛太、11月公開『HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』、18年公開で岩田剛典が杉咲花と共演する『パーフェクトワールド』、同じく岩田主演のサスペンス『去年の冬、きみと別れ』、18年公開『OVER DRIVE』(劇団EXILEの町田啓太が出演)などが控える。

    【関連記事】
    山下健二郎と町田啓太が結婚願望について吐露!
    佐藤寛太がキスシーン裏話を披露!
    留学中のEXILE ATSUSHI最新映像!
    岩田剛典の胸キュン映像が解禁!

    0 0

    sora tob sakanaの寺口夏花が8月19日に17歳の誕生日を迎え、翌8月20日に東京・ニッポン放送イマジンスタジオで「sora tob sakana寺口夏花生誕祭」を行った。

    【写真を見る】なっちゃん、やりたい事をやって嬉しそう!

    ■ なっちゃん「大人っぽくなりたい!」

    ステージに姿を見せたsora tob sakanaの4人は、初めに「おやすみ」「新しい朝」を歌唱。そして、寺口が「今日は寺口夏花の生誕祭に来てくださって、ありがとうございます!」と挨拶する。

    さらに、「17歳になりました! 別に何も変わった事はないんだけど…。最近は大人にはなりたくないけど、大人っぽくはなりたいなと思うようになったから、成長したのかなと思った」と明かすと、神崎風花がバースデーケーキを持って登場。ケーキを渡された寺口は「おいしそう! ありがとう!!」と笑顔を見せ、メンバーやファンからは「おめでとう!」と祝福の声が飛んだ。

    ■ ふぅちゃん、伝言ゲームでちょっと不満げ?

    ここからは、「今日は、私がやりたい事をやります」という寺口の希望に沿ってゲームを行うことに。まず、イヤホンで曲を聴きながら、会場のファンが決めたお題をメンバー間で伝える「イヤホンガンガン伝言ゲーム」へ。

    最初の「寺口生誕祭」というお題では3人目まで正解するも、最後の風間玲マライカが「照井さん(プロデューサーの照井順政)は哲学のお母さん」と大幅に変えてしまう。「なんか、ごめんね!」と謝る風間に対して、寺口は「最高! こういうのを待ってた。全然違うのに変わるのがいい!」と大喜び。

    その後は2人目の段階で正しく伝わらない展開が続き、最後のお題へ。1人目が神崎ということで、お題は神崎がTwitterで続けている「今日のふうかくげん」。だが、これも2人目から全く違う言葉になってしまい、神崎は「“今日の”って来た時点で分かってほしかった…」と少々不満げ。

    メンバーは「今日は今日だもん」(寺口)、「“ふうかくげん”にいかなくない?」(風間)と、それぞれ弁解していた。

    ■ なっちゃんが考えている物とは!?

    次に行われたのは「私が何を考えているでしょうか?」ゲーム。色紙に書かれた寺口が考えている物について、メンバーが「好きな物ですか?」「それは動物ですか?」といった「はい/いいえ」で答えられる質問から探り、ファンが当てていく。

    '16年の生誕祭でも行われたゲームで、風間は「超楽しいよね!?」と嬉しそうに話し、正解すると寺口に似顔絵を描いてもらえるということで、ファンも奮闘を見せた。

    ■ 「人狼ゲーム」でなっちゃん、ファンに信じてもらえない?

    最後のゲームは、テーブルトークRPG「人狼ゲーム」。“人狼”役の人は自分が人狼であることがバレないように振る舞い、“市民”役の人たちは誰が“人狼”なのかを話し合って当てていく。

    最初はメンバー4人だけでやることになり、妙にオーバーリアクションな風間、何も喋ってない山崎愛が疑われてしまう。そして、話し合いの結果、“人狼”の山崎が追放されたため、“市民”の風間と神崎の勝利となった。

    その後、実況を務める神崎以外の3人と、選ばれたファン3人の6人でやることに。誰が“人狼”なのかを探り合う中、メンバーが次々と脱落。最後に残った寺口が「信じて!」と声を上げるが、ファンに信じてもらえず寺口も犠牲者に。寺口は「みんな信じてくれないことを知った」と寂しげな表情を見せつつ、「私がやりたかった事をやりました!」と満足そうな笑顔を見せてくれた。

    ■ なっちゃん、来年の生誕祭に向けて「もっと楽しくなれるような事をやりたい!」

    ゲームの後は、再びライブパートに。「秘密」、そして過去に寺口が「照井さんにずっと『作ってほしい!』って、お願いをしていたんです」と話していた楽曲「ケサランパサラン」を歌い上げる。

    最後に、寺口が「ただただ遊んでいる時間だったかもしれないんですけど、もしかしたら皆さんつまらなかったかもしれないので、見てて楽しかったって思えるような生誕祭を、来年はやりたいと思います」と、早くも1年後の生誕祭に向けた意気込みを明かす。

    メンバーが「十分、楽しかったよ!」と話し、寺口は「来年は、もっと楽しくなれるような事をやりたいと思います」と誓った。

    ■ なっちゃん、大人っぽい雰囲気を探す旅へ!?

    ――生誕祭を終えて、今の感想を改めてお聞かせいただけますか?

    寺口:自分がやりたい事をたくさんやれて、すごい楽しくできたかなと思います。私は満足です!

    ――きっと、ファンの皆さんも満足してますよ。

    寺口:だと嬉しいですね!

    ――どんな17歳にしたいですか?

    寺口:ライブで言った事と同じになっちゃうんですけど…大人にはなりたくないけど、大人っぽくはなりたいと思います。

    ――寺口さんがイメージする“大人っぽさ”というのは、見た目ですか? それとも雰囲気?

    寺口:雰囲気です!

    ――大人っぽい雰囲気を出すために、どんな事を心掛けようと思っていますか?

    寺口:それは、これから探したいと思います!(笑)

    ――そんな寺口さんに、メンバーの皆さんから一言お願いします。

    風間:あんまり大人っぽく見えないから、雰囲気は大事だと思う。

    寺口:大人っぽくね!? OK!

    風間:頑張ってよ!

    寺口:頑張る!

    山崎:なんで、そんなに深刻そうなの?(笑)

    風間:本当に、ちょっと心配で…可愛いからさ。あと、今までどおり引っ張っていってね。

    寺口:うん、分かった! でも、子供っぽっていうのは身長だけの話なんですよ。顔だけ見たら年相応だし、どっちかっていうと大人っぽい方の顔なんですよ。

    神崎:確かに、顔だけ見たら年相応だね。

    寺口:小学生の時も、写真だけ見た友達のお母さんに実際に会ったら「めっちゃ小さい!」って言われるくらい、顔は大人っぽい方だと思うんですよ。なのに、身長のせいでそう思われるのが嫌なので頑張ります。

    山崎:でも、今日めっちゃ幼児だった。

    寺口:マジか!?

    山崎:大人っぽくって言った途端に叫んでて、すごい幼児だったよ。

    神崎:私は、今までどおりが1番いいんじゃないかなって思います。そうじゃないと、なっちゃんじゃないもん。変わってほしくない。

    寺口:分かった。頑張ります!

    ――では山崎さん、今日は恒例のメッセージを寺口さんと一緒に言ってみますか?

    寺口&山崎:皆さん、お元気ですか? 私は元気です! 夏ももう終わりですが、これからも頑張りましょう!


    【関連記事】
    FES☆TIVE・ぴあのちゃん、初の生誕祭に感激! 21歳の目標は「寝起きの悪さを克服したい!!」
    虹コン・だぁやめ、17歳の誕生日にメンバーからも、ファンからも愛される!
    sora tob sakana・まなちゃん(14歳)の生誕祭はユル~く、のんびりと!
    sora tob sakana・れいちゃん、16歳になって「チョコレートをたくさん食べたい(笑)」

    0 0

    どんな場所でもブレることなくマイペースを貫き通す刑事・糸村聡(上川隆也)が活躍するドラマ「遺留捜査」(毎週木曜夜8:00-8:54テレビ朝日系)。8月24日(木)放送の第7話では、糸村は被害者が残したノートの“かすれた文字”に着目して捜査を進める。

    【写真を見る】どんな話題も真剣に考え、誠実にインタビュアーと向き合ってくれる上川

    第7話では、小説家の尾上雅彦(小林隆)が、河川敷で死体となって見つかる。彼は5年前、突如文壇から姿を消すと共に妻子と別れ、以来ひっそりと路上生活を送っていたようだ。

    現場に駆け付けた糸村は尾上のダンボールハウスの中に残されたノートの文字に着目する。そのノートにはさまざまなメモがつづられていたのだが、最後のページに書かれた数行の文字だけがかすれていた。

    インクが切れたのであれば徐々に薄くなっていくはずだが、そうではないところに糸村は違和感を覚える。さらに、尾上が愛用していたはずの万年筆が見当たらないことも気になっていた…。

    その直後、事件当夜に現場近くで目撃された人物が、テレビ番組にも出演する著名な心理カウンセラー・小沼修一(大和田獏)と判明。しかし、小沼は事件当夜はずっと家にいたと主張する。

    また、尾上の別れた妻・千田さつき(渡辺梓)は、元夫がなぜ路上で生活を始めたのか理由を知らないといい、20年近く尾上と付き合いのあったはずの出版社社長・野田宏太(湯江タケユキ)やかつての担当編集者・志田塔子(大谷みつほ)もまた、尾上が断筆にし路上生活に転じた理由については分からないという。

    その後、小沼のアリバイを確認するために彼の自宅を訪ねた糸村は、長年、引きこもりだった小沼の息子・尊(桜田通)が、事件の夜から姿を消していることを知り…というストーリーだ。

    ザテレビジョンでは、毎週木曜のドラマ放送日の掲載で、上川の“大好きなもの”にまつわる話と共に見どころを紹介する連載企画「遺留メモ」を展開中。上川の好きなものについて、毎回ちょっとずつ紹介していく。今回は、好きなゲームソフトについて聞いてみた。

    ――スペシャルドラマ第4弾では、鈴木福君と当時の撮影現場で「ラッスンゴレライ」をされていたそうですが、上川さんが今お好きなお笑い芸人の方は?

    そんなこともありました(笑)。今は中学生ですから、もう一緒にやってはもらえないでしょう。

    さて今さらと言われそうですが、千鳥さんです。千鳥さんのネタは話が進むにつれて、現実が少しゆがみながらエスカレートしていく様が何とも楽しくて、でもお二人のキャラクターが際立っているからなぜか成立してしまう、そのさじ加減がとても好きです。

    「タクシー運転手のヨダレダコ」のネタが最初の出合いだったと思いますが、その後動画サイトなどで、見られるだけのネタを拝見しました(笑)。「アラジャイのおすし屋さん」のネタも好きですし、お二人の不思議な世界観は拝見していて飽きません。


    【関連記事】
    【遺留メモ6】上川隆也が「本当にすごいゲームだと思います」と絶賛したのは…?
    【遺留メモ5】上川隆也にとって“不動の1位”の冒険小説とは?
    【遺留メモ4】上川隆也の“好みにハマった”音楽とは?
    【遺留メモ1】上川隆也「自分で思っている以上に『遺留捜査』が好きなのかも」

    0 0

    4年半ぶりにオリジナルアルバムを発売したV6。通算13作目のオリジナルアルバムとなる『The ONES』は、発売初週で12.9万枚を売り上げ、8/21付オリコン週間アルバムランキング1位に登場した。オリジナルアルバムとしては、2013年にリリースされた前作『Oh! My! Goodness!』の累積売上を5万枚以上も上回る好スタートとなった。6人は現在、全国ツアーを開催中。8/30(水)には、スペシャル番組「V6の愛なんだ2017 史上最高の夏まつり!」(TBS系)が放送される。

    【画像を見る】坂本リーダー「誌上誕生日パーティー」の料理/月刊ザテレビジョン9月号誌面より

    そんなV6は7月に、メンバーの坂本昌行と三宅健が誕生日を迎えた。デビューして22年の彼らだが、メンバーだけで誕生日を祝った経験はあるのだろうか?

    三宅健「昔、あったよね?」

    井ノ原快彦「そう。岡田の誕生日」

    岡田准一「坂本くんから『話がある』って呼び出されて、イノッチのうちに行ったの」

    井ノ原「俺が車で迎えに行ったんだよ。岡田は呼び出されたのが怖くてひと言もしゃべんないの(笑)」

    岡田「怒られると思ってたから、すっげえ行きたくなくて…。16か17歳のときだっけ?」

    長野博「デビューした年?」

    井ノ原「当時、『MASK』って舞台を俺と岡田と坂本くんでやるって決まって。そのことについて坂本くんから話がある…っていうことで」

    岡田「何回か『行かなくていい?』ってイノッチに聞いた覚えがある」

    井ノ原「ダメ、坂本くん待ってるからって」

    森田剛「岡田、喜んでたよね。まさか俺たちがいるとは思ってなくて」

    井ノ原「みんな泊まっていったよね」

    坂本昌行「あと、6人そろってはいなかったけど、昔、井ノ原の誕生日でハプニングが起きたよね。井ノ原がケーキを顔にバーンとぶつけて」

    井ノ原「場所は居酒屋だったかな。そのケーキから出てきた、飾りのストッパーの一部が…」

    坂本「額に刺さっちゃって」

    井ノ原「あったねー!」

    岡田「そういえば、この前の健くんの誕生日にメールしたけど?」

    三宅「え!? 知らない!」

    岡田「したよ!」

    三宅「ウソ、来てないよ!?」

    岡田「前に使ってた携帯に送っちゃったのかな?」

    森田「俺もメールしたんだけど!!」

    三宅「お前はウソだろ!(笑)」


    【関連記事】
    V6が「愛なんだ2017」で島の子供たちを夢の修学旅行に招待
    ジャニー社長にV6三宅健が直談判「(森田)剛がいないならデビューしたくない」結成秘話を語る
    V6結成秘話とトニセン・カミセンのグループ内格差とは!?
    岡田准一主演「関ヶ原」特別映像公開! 迫力の合戦シーン“舞台裏”も

    0 0

     公開中の映画『ベイビー・ドライバー』より、特別メイキング映像が到着。映像には、主人公・ベイビーを演じたアンセル・エルゴートがドリフトを特訓する姿や、スタントコーディネーターへのインタビューなどが収められている。

    【関連】『ベイビー・ドライバー』場面写真

     犯罪組織の“逃がし屋”として働く運転手ベイビー(アンセル)の活躍を描く本作。アンセルは2014年の映画『きっと、星のせいじゃない。』の撮影まで免許を持っていなかったというが、本作の役に合わせて、スタント・コーディネーターのジェレミー・フライと共に、一回5時間のセッションを10回も敢行。映画の中で行われている主なスタントのやり方をすべて教わることで、運転技術を飛躍的に上達させたという。

     メイキング映像には、映画に登場する真っ赤なダッジ・チャレンジャーSRTを操るアンセルが、ドリフトを特訓する姿が収められている。「友達がうらやましがる。“俺もカースタントを習いたい“って」と語るアンセルは、特訓に大満足している様子。実際にアンセルが運転する許可が下りたカーアクションは二つだけだったというが、スタント・コーディネーターのジェレミーが「車の動きを理解すればより説得力ある役作りができる」と語るように、アンセルは劇中でスタントと完璧に連動した正しい動きを見せ、天才ドライバーという役に説得力を持たせた。

     また映像の中では、メガホンを取ったエドガー・ライト監督自身が「全部トリックなしの実演さ」とコメント。その言葉の通り『ベイビー・ドライバー』で描き出されるカーアクションは、ワイヤーやグリーンバックなどを用いておらず、すべてが生のアクションになっている。その圧倒的臨場感は、ぜひ大きなスクリーンで体感してほしい。

     映画『ベイビー・ドライバー』は公開中。

    ■関連記事
    「アンセル・エルゴート」フォトギャラリー
    『ベイビー・ドライバー』に出演するジェイミー・フォックス フォトギャラリー
    『ベイビー・ドライバー』エドガー・ライト監督、“共感を呼ぶ”主人公の描き方語る
    『スパイダーマン』『ジョジョ』『関ヶ原』 8月公開のオススメ映画を一挙紹介!

    0 0

     DCコミックスの人気キャラクター、ワンダーウーマンの“誕生”に迫る単独映画「ワンダーウーマン」の主演を務めたガル・ギャドットが、映画.comのインタビューに答えた。

    「ワンダーウーマン」インタビュー時の別カットはこちら!

     外界と隔絶された女性だけの島でプリンセスとして育ったダイアナ(ギャドット)は、島に不時着したパイロットのスティーブ(クリス・パイン)に出会ったことで運命が一変。スティーブから外の世界の惨状を聞いたダイアナは、世界を戦乱から救うため故郷を旅立ち、スティーブと共にロンドンへ向かう。「モンスター」のパティ・ジェンキンス監督がメガホンをとり、世界興行収入は8億ドルを突破(8月22日時点)、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では92%(8月22日時点)の高評価を記録し、続編製作も決定している。

     世界中で記録的なヒットを記録し、絶賛で迎えられている本作。ギャドット自身は、ブームの理由について「私は、ダイアナが本物の女性にできるだけ近く描かれたように感じるの。彼女は、自信があってすごく格好いい代わりに思いやりがないというキャラクターとは違う。彼女は両方になれるの。そして、私たちもまた両方なのよ。私たちは、これらすべてなの。私は、1人の映画を見た女性として、そういったところを楽しんだと思うわ」と示唆に富んだ意見を述べる。

     「私はまた、(いち観客として)今作で描かれる誠実なラブストーリーをとても楽しんだわ。なぜなら、普通アクション映画は、アクションがすべてなの。次から次へとビラン(敵)を追いかけて、つかまえて、『ジ・エンド』となるの。今作では、私たちがセットにいたとき、アクションよりももっとストーリーやエモーショナルなトーンを気にかけたわ。アクションはこのジャンルのDNAに入っているから、アクションがあるのは当然。でも、私たちは、この映画にハートを持たせたかったの」と今度は作り手の視点で、作品の核は“心”だと力を込める。「どのアクションも内面から生まれるもの。パティ・ジェンキンスと私は、常にそのシーンにふさわしい心情のトーンをつかもうとしていたわ」という言葉からも、感情描写に重きを置いたスタイルがうかがえる。

     ギャドットは続いて「ダイアナはとても強い(道徳的)指針を持っている。彼女の感じ方はとてもリアルで、自分が感じている通りに行動する。彼女が信じていることには、本当に信ぴょう性があるの」とダイアナの素直さが共感性を生んだと述べる。「私たちがついにこのキャラクターを大スクリーンで描く機会を得たとき、どうすれば私たちのような普通の人たちを女神的な存在の彼女に共感させられるのか、考えることがとても重要だった。なぜなら、私たちの誰も女神じゃないからよ。彼女は最強の戦士であると同時に、人間の心を持っている。愛や思いやりに満ちていて、正義や真実、希望がすべてなの。そういうところを維持することは、私たちにとってすごく大切だったわ」と振り返った。

     ギャドットが挑んだのは、当然ながら精神面の役作りだけではない。身体的にも過酷なトレーニングに明け暮れ、心身ともに最強の戦士に近づけていった。「2時間ジムでトレーニング後、乗馬を2~3時間練習し、またジムに戻って今度はマーシャルアーツの練習を2時間やったわ。それを週に6日やったの。正直なところ、もうクタクタ! でも、2カ月半ぐらい経った後で、トレーニングがすごく楽しくなってきたのよ」と言ってのけるところに、ギャドットのタフさが垣間見える。

     全身全霊をかけてやりきったキャラクターがここまで多くの人々に受け入れられたことで、達成感もひとしおだろう。「『ワンダーウーマン』に注ぎ込まれた血と汗と涙はすべて報われたわ。大がかりで魅力的なアクション・シークエンス、美しいラブストーリー、そして、誰もが自分自身のものとして受けとめられる愛と希望と勇気に関するすばらしいメッセージという、あらゆる要素があるの」と晴れ晴れと語ったギャドットは、本作で重要な立ち位置を占めるスティーブについても言及する。

     「ダイアナとスティーブは2人とも、お互いから学ぶのよ。スティーブは、男性の世界、人類の世界についてダイアナを教育するの。人生には複雑なところがあって、よいことだけじゃないということを彼女に教えるのよ。また、彼らには悪い側面もあるということもね。そして、ダイアナはスティーブに、希望や善良さ、よい行いをしてヒーローになることを思い出させる。昔、スティーブは、世界のためによいことをしたいと思っていたヒーローだったけど、年月が経つにつれてそれを忘れてしまい、人生に疲れ切ってシニカルになったのよ。そして彼は、なぜそういう旅を元々自分が始めたのかを思い出すの。彼にとってダイアナは、新鮮な空気みたいな存在なのよ」と運命共同体とも言えるスティーブを評した。

     「ワンダーウーマン」は、8月25日から全国公開。

    【作品情報】
    ワンダーウーマン

    【関連記事】
    「ワンダーウーマン」インタビュー時の別カット
    【特集:「ワンダーウーマン」】全米今夏No.1ヒット!日本も!世界も!男も女も!なぜみんなこの《最強美女》に夢中?
    「ワンダーウーマン」本編バトル映像公開!テーマ曲に乗せて屈強な兵士を一掃

    (C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

    0 0

    8月21日、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで『タカトシのバラエティだろ~が!!』が放送された。
    同番組は、お笑いコンビ・タカアンドトシが、芸能人や著名人の自宅を訪問し、プライベートを探っていくバラエティ番組。

    番組内では、タカアンドトシが訪問した家で高そうなアイテムを見つけ出し、前回のゲスト宅で見つけたアイテムと交換していく『芸能人宅 わらしべハンター』企画も実施。

    この日は昨年12月に人気アイドルグループ:AKB48を電撃卒業した西野未姫の自宅を訪問。前回出演したモデルのmireiの自宅で手に入れたジャケットと交換するものを探しながら、西野のプライベートに迫った。

    番組冒頭からタカアンドトシの2人は、過去に恋愛騒動で世間を騒がせた西野の新たなスキャンダルを見つけようとベッドの下やクローゼット、キッチンを隅々まで物色。

    1人のファンから贈られたという数々の高級ブランドバッグや、ケーキが見つかり、西野がいまもなおファンに愛されていることが証明された。

    冷蔵庫からは朝ごはんに飲むスムージー用のバナナや、ビビンバを作るときに使うという焼肉のたれが見つかり家庭的な一面を見せたと思いきや、冷蔵庫の物色を続けるトシが見つけたものは、白カビの生えたデミグラスソース。

    初めてその存在に気付いたという西野にトシは「そういうところがスキャンダル撮られちゃうんだよ!」と鋭いツッコミを入れていた。グループ卒業後に渋谷区の1LDKから、荒川区の駅から徒歩15分の1Kに引っ越したという西野は、現在の住まいを修業の場だと言い「特訓してこれからもっと這い上がっていきたい」と意気込んだ。

    続けてタカアンドトシの2人は、“わらしべ長者”企画を実施すべく、先ほどの高級バッグやAKB48の先輩である峯岸みなみから譲ってもらったという高級ブランドの洋服が欲しいと交渉するが、西野が差し出したのは最近よく共演しているお笑い芸人の初恋タローから誕生日プレゼントとして贈られた約3万円のイヤホン。

    そのイヤホンを見たタカが「あ、俺が持ってるのと同じだ!」と明かすと、タカの誕生日の時にスタッフが手違いで同じイヤホンを買ってしまったものを初恋タローが譲り受け、それをそのまま西野に贈ったという事実が判明。そのイヤホンに加え、初恋タローと一緒に買いに行ったという水着も交換するかどうかを賭けて、突如現れた事務所の先輩であるぺぇ・西野チームとタカアンドトシチームのLOVEジェンガ対戦がはじまるも、西野チームが負け、イヤホンと水着を先週の放送で訪れたモデルのmireiのジャケットと交換し、番組を締めくくった。

    ©AbemaTV

    【関連リンク】
    みちょぱ、実家で彼氏と半同棲していた過去を明らかに IMALU、ブス枠で番組出演! 整形否定&非モテを嘆く… 極楽とんぼ・加藤、酔っ払って年収ポロリ

    0 0

     1997年に放送された人気ドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』(日本テレビ系)が20年ぶりに先ごろ復活し、大きな話題となった。主演のKinki Kidsのふたりはもちろん、嵐の松本潤や相葉雅紀など、今では豪華すぎる主要キャストが総出演するとなれば大反響を呼ぶのもうなずけるが、ここ10年ほどテレビ界はドラマに限らずバラエティ番組でも、昔の人気番組を“復活”させて、スペシャル番組として放送することが増えてきている。こうした“復活系番組”は視聴者のほうも、「懐かしくて涙が出てきた」といった声から「見てガッカリ」などの批判の声まで、評価はまちまち。テレビ界の“復活ブーム”の背景とは?

    【動画】直球インタビュー もう一度復活してほしい番組は?

    ◆多くの人気番組が復活 ドラマは“続編”としての復活も増加

     ここ最近の復活ブームに乗った番組を挙げれば、バラエティ番組では『関口宏の東京フレンドパーク』(TBS系)、『どうぶつ奇想天外!』(同)、『堂本兄弟』の前身番組である『LOVE LOVE あいしてる』(フジテレビ系)などがあり、どれも長年放送された人気番組で、番組改編時や年末年始などで番組名のあとに“2017”や“○○スペシャル”的な言葉を付けて、半年から1年間隔で“レギュラー放送”されるほど。

     一方、ドラマの場合は、“復活”というより“続編”といった意味合いも強く、先の『ぼくらの勇気 未満都市2017』にしても、元のドラマの最終回で「20年後、またこの場所で会おう」と言って別れるという伏線があったため、内容に違和感はない。嵐のふたりも当時はジャニーズJr.で脇を固める扱いだったが、今やそれぞれが主役級。それでもサブの立場で出演したからこそ、SNSでも「モリ(松本潤の劇中のあだ名)が可愛すぎ」などと好評だったわけだし、20年を経た登場人物たちの成長ぶりが胸に迫るわけである。

     また7月期の新ドラマでも、“月9”枠で『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(フジテレビ系)も3rd seasonとして7年ぶりに復活を果たした。続投された出演者たちもやはりそうそうたる俳優へと成長、その“プレミアム感”もあってか高視聴率を獲得している。ある映画評論家は、「日本のアニメでは登場人物が歳をとらない。アメリカのアニメはみんな平等に歳を取っていくので大人でも感情移入できる」という主旨のことを言っていたが、そのあたりに復活系番組が視聴者の支持を得られるかどうかの鍵が隠されているかもしれない。

    ◆コンテンツ不足解消の一手? ノスタルジックなだけでは失敗の可能性大

     ただ、復活系番組で気をつけなければいけないのは、“当時”は大人気だったとしても、最近の“人気マンガやアニメの実写化”でよく批判されるように、原作(元ネタ)へのリスペクトがなかったり、今の視聴者が感情移入できないと総スカンを喰らうのもお約束。たとえば、業界や一部視聴者からのマニアックな人気が高いという理由で復活しても、わずか1クールで終了してしまった事例もある。いわゆるノスタルジックな気持ちに浸り“内輪ウケ”はしても、やはり多くの一般視聴者に支持されないと厳しいのである。また、地上派ではなくネットテレビ系で放送されるものもあり、うがった見方をすれば自前のメディアの広告塔、もしくはコンテンツ不足を補うための“焼き直し”などと取られなくもない。

     復活シリーズとしては、“あの番組が復活する!”“懐かしい!楽しみ!”といったことだけでは、視聴者からの共感を得るには不十分。番組の復活にかける出演者やスタッフたちの熱量、新たなターゲットの視聴者層をどこにおくかなど、番組が復活する明確な意図や必然性がなければ、なかなか視聴者の期待値も上がらないのが実情だ。

    ◆復活大成功を遂げた『学校へ行こう』は“現在”らしさ反映し成功

     そうした復活系番組の中でも、視聴者の期待を大きく上回ったのがV6出演の『学校へ行こう!2015』(TBS系)だった。元は1997年から約8年に渡って放送された人気番組だが、復活の際は当時のメンバーが勢ぞろいし、番組の内容をそのまま復活させたり、「未成年の主張2015」など、当時の番組のターゲットだった学生たちが大人になっても感情移入できるコーナーなども放送。SNSでは「本当に懐かしい!」「学校は嫌いだったけど、この番組は大好きだった!」「笑いすぎて腹筋痛い!」等々、大反響を呼んだのである。

     そして、この8月30日には、先の『学校へ行こう!』のスタッフとV6が再集結した3時間スペシャル番組『V6の愛なんだ2017 史上最高の夏まつり!』(TBS系)が放送されるが、V6の三宅健が「今の若者と触れ合える番組をとても楽しみにしています。この夏、若者たちと最高の思い出を作り、彼らの背中をそっと押してあげられるような、そんな素敵な番組にしたいなと思っています」とコメントを寄せている。きちんと“オンタイム”の若者と触れ合って、共感していく。昔と同様に復活させてただ懐かしむだけではなく、こうした“現在進行形”の姿勢が復活系番組のキモとなるのかもしれない。


    【関連記事】
    【写真】コード・ブルーに出演、ガッキーの涼しげな浴衣姿
    【写真】コード・ブルーに出演、馬場ふみかの寝そべりショット
    【写真】学校へ行こうレギュラーの紗栄子、“マシュマロボディ”を大胆露出
    【写真】かつて『ごっつええ感じ』に出演、篠原涼子が美ボディ披露
    【写真】『8時だョ!』レギュラー・キャンディーズの濡れ髪ショット

    0 0

     「ショーン・オブ・ザ・デッド」で知られるエドガー・ライト監督の最新作「ベイビー・ドライバー」(公開中)のメイキング映像が、公開された。劇中に登場するカーアクションの撮影風景がひも解かれている。

    「ベイビー・ドライバー」メイキング映像はこちら!

     事故の後遺症で耳鳴りに悩まされているが、音楽に身をゆだねて外界から遮断されると、天才的な運転技術を発揮する「逃がし屋」の青年ベイビー(アンセル・エルゴート)が、“最後の仕事”として無謀な強盗に手を貸すさまが描かれる。「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、「ハウス・オブ・カード」シリーズのケビン・スペイシー、「ジャンゴ 繋がれざる者」のジェイミー・フォックス、「エンジェル ウォーズ」のジョン・ハムらが出演する。

     映像では、猛スピードで疾走する車が急カーブを繰り出すさま、対向車線に乗り入れる様子、道路を走行中に別の車に体当たりされ、トラックに車体が挟まってしまう危険極まりないシーンなどが登場。「きっと、星のせいじゃない。」や「ダイバージェント」シリーズで知られるエルゴートが、天才ドライバーになりきるためにドリフトを猛特訓する姿も描かれ、「友達がうらやましがる。“俺もカースタントを習いたい”って」と屈託ない笑顔を見せている。

     エルゴートは、「ダークナイト ライジング」や「ジョン・ウィック」シリーズにも携わるスタント・コーディネーターのジェレミー・フライの指導の下、1回5時間のセッションを10回行い、映画の中で行われている主なスタントのやり方をすべて教わったという。そのフライは「車の動きを理解すれば、より説得力のある役作りができる」と語っている。そのほか、ハムがバックスピンターンを練習する姿も切り取られ、俳優自身が危険なスタントに挑んだことがわかる。

     ライト監督は「ワイヤーもグリーンバックもほとんど使わずにスタントを実演したんだ。全部トリックなしの実演さ。リアルなカーチェイスを楽しんでほしい。ベイビーになった気分でね」と自信たっぷりに語っている。

    【作品情報】
    ベイビー・ドライバー

    【関連記事】
    「ベイビー・ドライバー」メイキング映像
    【特集:「ベイビー・ドライバー」】全米批評サイト評価100%!音楽×映像が完全シンクロした《映画ファン絶対支持作》
    「ベイビー・ドライバー」冒頭映像6分公開!音楽と映像が融合